検索

12.4. データソースの編集

download PDF

データソースは、管理コンソールまたは管理 CLI を使用して設定できます。

JBoss EAP 7 では、enabled 属性などのデータソース属性値を式で使用することができます。設定で式を使用する場合の詳細は、プロパティーの置換 の項を参照してください。

12.4.1. 非 XA データソースの編集

非 XA データソース設定は data-source 管理 CLI コマンドを使用して更新できます。スタンドアロンモードまたはドメインモードの管理コンソールから datasource 属性を更新することもできます。

  • スタンドアロンモードでは、Configuration Subsystems Datasources & Drivers Datasources に移動します。
  • ドメインモードでは、Configuration Profiles full Datasources & Drivers Datasources に移動します。
注記

非 XA データソースは Jakarta Transactions トランザクションと統合できます。データソースを Jakarta Transactions と統合する場合、必ず jta パラメーターを true に設定してください。

データソースの設定を更新する例

データソースの設定は、以下の管理 CLI コマンドを使用して更新できます。

data-source --name=DATASOURCE_NAME --ATTRIBUTE_NAME=ATTRIBUTE_VALUE
注記

マネージドドメインでは、--profile=PROFILE_NAME 引数を指定する必要があります。

変更を反映するのにサーバーのリロードが必要になる場合があります。

12.4.2. XA データソースの編集

XA データソース設定は xa-data-source 管理 CLI コマンドを使用して更新できます。スタンドアロンモードまたはドメインモードの管理コンソールから datasource 属性を更新することもできます。

  • スタンドアロンモードでは、Configuration Subsystems Datasources & Drivers Datasources に移動します。
  • ドメインモードでは、Configuration Profiles full Datasources & Drivers Datasources に移動します。

XA データソースの更新例

  • XA データソースの設定は、以下の管理 CLI コマンドを使用して更新できます。

    xa-data-source --name=XA_DATASOURCE_NAME --ATTRIBUTE_NAME=ATTRIBUTE_VALUE
    注記

    マネージドドメインでは、--profile=PROFILE_NAME 引数を指定する必要があります。

XA データソースプロパティーの追加例

  • 以下の管理 CLI コマンドを使用すると XA データソースプロパティーを追加できます。

    /subsystem=datasources/xa-data-source=XA_DATASOURCE_NAME/xa-datasource-properties=PROPERTY:add(value=VALUE)
    注記

    マネージドドメインでは、このコマンドの前に /profile=PROFILE_NAME を追加する必要があります。

変更を反映するのにサーバーのリロードが必要になる場合があります。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.