検索

7.3. Multicloud Object Gateway コンソールへのユーザーアクセスの許可

download PDF

ユーザーに Multicloud Object Gateway コンソールへのアクセスを許可するには、ユーザーが以下の条件を満たしていることを確認してください。

  • ユーザーは cluster-admins グループに属する。
  • ユーザーは system:cluster-admins 仮想グループに属する。

前提条件

  • 実行中の OpenShift Container Storage Platform

手順

  1. Multicloud Object Gateway へのアクセスを有効にします。

    クラスターで以下の手順を実行します。

    1. cluster-admins グループを作成します。

      # oc adm groups new cluster-admins
    2. グループを cluster-admin ロールにバインドします。

      # oc adm policy add-cluster-role-to-group cluster-admin cluster-admins
  2. cluster-admins グループからユーザーを追加または削除して、Multicloud Object Gateway コンソールへのアクセスを制御します。

    • ユーザーのセットを cluster-admins グループに追加するには、以下を実行します。

      # oc adm groups add-users cluster-admins <user-name> <user-name> <user-name>...

      ここで、<user-name> は追加するユーザーの名前です。

      注記

      ユーザーのセットを cluster-admins グループに追加する場合、新たに追加されたユーザーを cluster-admin ロールにバインドし、OpenShift Container Storage ダッシュボードへのアクセスを許可する必要はありません。

    • ユーザーのセットを cluster-admins グループから削除するには、以下を実行します。

      # oc adm groups remove-users cluster-admins <user-name> <user-name> <user-name>...

      ここで、<user-name> は削除するユーザーの名前です。

検証手順

  1. OpenShift Web コンソールで、Multicloud Object Gateway コンソールへのアクセスパーミッションを持つユーザーとしてログインします。
  2. Home Overview Persistent Storage タブ に移動し、noobaa リンクを選択します。
  3. Multicloud Object Gateway コンソールで、アクセスパーミッションを持つ同じユーザーでログインします。
  4. Allow selected permissions をクリックします。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.