検索

7.5. ハイブリッドおよびマルチクラウドバケットのデータのミラーリング

download PDF

Multicloud Object Gateway (MCG) は、クラウドプロバイダーおよびクラスター全体にまたがるデータの処理を単純化します。

前提条件

次に、データ管理ポリシー(ミラーリング)を反映するバケットクラスを作成します。

手順

ミラーリングデータは、以下の 3 つの方法で設定できます。

7.5.1. MCG コマンドラインインターフェースを使用したデータのミラーリング用のバケットクラスの作成

  1. MCG コマンドラインインターフェースから以下のコマンドを実行し、ミラーリングポリシーでバケットクラスを作成します。

    $ noobaa bucketclass create mirror-to-aws --backingstores=azure-resource,aws-resource --placement Mirror
  2. 新たに作成されたバケットクラスを新規のバケット要求に設定し、2 つのロケーション間でミラーリングされる新規バケットを生成します。

    $ noobaa obc create  mirrored-bucket --bucketclass=mirror-to-aws
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.