検索

9.2. VMware にデプロイされる OpenShift Container Storage

download PDF

9.2.1. ユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーで動作する VMware ノードの置き換え

以下の手順に従って、VMware のユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャー (UPI) で動作するノードを置き換えます。

手順

  1. 置き換える必要があるノードとその仮想マシンを特定します。
  2. 以下のコマンドを実行して、ノードにスケジュール対象外 (unschedulable) のマークを付けます。

    $ oc adm cordon <node_name>
  3. 以下のコマンドを使用してノードをドレイン (解放) します。

    $ oc adm drain <node_name> --force --delete-local-data --ignore-daemonsets
    重要

    このアクティビティーには少なくとも 5-10 分以上かかる場合があります。この期間に生成される Ceph のエラーは一時的なもので、新規ノードにラベルが付けられ、これが機能すると自動的に解決されます。

  4. 以下のコマンドを使用してノードを削除します。

    $ oc delete nodes <node_name>
  5. VSphere にログインし、特定された仮想マシンを終了します。

    重要

    仮想マシンはインベントリーからのみ削除し、ディスクから削除しないでください。

  6. 必要なインフラストラクチャーで vSphere に新規の仮想マシンを作成します。「プラットフォーム要件」を参照してください。
  7. 新規の仮想マシンを使用して新規 OpenShift Container Platform ワーカーノードを作成します。
  8. Pending 状態の OpenShift Container Platform に関連する証明書署名要求 (CSR) の有無を確認します。

    $ oc get csr
  9. 新規ノードに必要なすべての OpenShift Container Platform CSR を承認します。

    $ oc adm certificate approve <Certificate_Name>
  10. Compute Nodes をクリックし、新規ノードが Ready 状態にあることを確認します。
  11. 以下のいずれかを使用して、OpenShift Container Storage ラベルを新規ノードに適用します。

    ユーザーインターフェースを使用する場合
    1. 新規ノードについて、Action Menu (⋮) Edit Labels をクリックします。
    2. cluster.ocs.openshift.io/openshift-storage を追加し、Save をクリックします。
    コマンドラインインターフェースの使用
    • 以下のコマンドを実行して、OpenS+hift Container Storage ラベルを新規ノードに適用します。

      $ oc label node <new_node_name> cluster.ocs.openshift.io/openshift-storage=""

検証手順

  1. 以下のコマンドを実行して、出力で新規ノードが表示されていることを確認します。

    $ oc get nodes --show-labels | grep cluster.ocs.openshift.io/openshift-storage= |cut -d' ' -f1
  2. Workloads Pods をクリックし、新規ノード上の少なくとも以下の Pod が Running 状態にあることを確認します。

    • csi-cephfsplugin-*
    • csi-rbdplugin-*
  3. 他の必要なすべての OpenShift Container Storage Pod が Running 状態にあることを確認します。
  4. 検証手順が失敗した場合は、Red Hat サポートにお問い合わせください
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.