検索

9.3.2.4. インストーラーでプロビジョニングされるインフラストラクチャーでの失敗した AWS ノードの置き換え

download PDF

OpenShift Container Storage の Amazon EC2 I3 の一時ストレージにより、インスタンスの電源がオフにされる場合にデータが失われる可能性があります。以下の手順を使用して、Amazon EC2 インフラストラクチャーでのインスタンスの電源オフからのリカバリーを行います。

重要

Amazon EC2 I3 インフラストラクチャーのストレージノードの置き換えはテクノロジープレビュー機能です。テクノロジープレビュー機能は、Red Hat の実稼働環境のサービスレベルアグリーメント (SLA) ではサポートされていないため、Red Hat では実稼働環境での使用を推奨していません。Red Hat は実稼働環境でこれらを使用することを推奨していません。これらの機能は、近々発表予定の製品機能をリリースに先駆けてご提供することにより、お客様は機能性をテストし、開発プロセス中にフィードバックをお寄せいただくことができます。

前提条件

  • OpenShift Container Platform (OCP) クラスターにログインしている必要があります。

手順

  1. OpenShift Web コンソールにログインし、 Compute Nodes をクリックします。
  2. 置き換える必要のあるノードを特定します。そのマシン名をメモします。
  3. 置き換えるノードのラベルを取得します。

    $ oc get nodes --show-labels | grep <node_name>
  4. 置き換えるノードで実行されている mon (ある場合) および OSD を特定します。

    $ oc get pods -n openshift-storage -o wide | grep -i <node_name>
  5. 先の手順で特定された Pod のデプロイメントをスケールダウンします。

    以下に例を示します。

    $ oc scale deployment rook-ceph-mon-c --replicas=0 -n openshift-storage
    $ oc scale deployment rook-ceph-osd-0 --replicas=0 -n openshift-storage
    $ oc scale deployment --selector=app=rook-ceph-crashcollector,node_name=<node_name>  --replicas=0 -n openshift-storage
  6. ノードにスケジュール対象外 (unschedulable) のマークを付けます。

    $ oc adm cordon <node_name>
  7. Terminating 状態の Pod を削除します。

    $ oc get pods -A -o wide | grep -i <node_name> |  awk '{if ($4 == "Terminating") system ("oc -n " $1 " delete pods " $2  " --grace-period=0 " " --force ")}'
  8. ノードをドレイン (解放) します。

    $ oc adm drain <node_name> --force --delete-local-data --ignore-daemonsets
  9. Compute Machines をクリックします。必要なマシンを検索します。
  10. 必要なマシンの横にある Action menu (⋮) Delete Machine をクリックします。
  11. Delete をクリックしてマシンの削除を確認します。新しいマシンが自動的に作成されます。
  12. 新規マシンが起動し、Running 状態に移行するまで待機します。

    重要

    このアクティビティーには少なくとも 5-10 分以上かかる場合があります。

  13. OpenShift Web コンソールで Compute Nodes をクリックします。新規ノードが Ready 状態にあるかどうかを確認します。
  14. 以下のいずれかを使用して、OpenShift Container Storage ラベルを新規ノードに適用します。

    ユーザーインターフェースを使用する場合
    1. 新規ノードについて、Action Menu (⋮) Edit Labels をクリックします。
    2. cluster.ocs.openshift.io/openshift-storage を追加し、Save をクリックします。
    コマンドラインインターフェースの使用
    • 以下のコマンドを実行して、OpenS+hift Container Storage ラベルを新規ノードに適用します。
    $ oc label node <new_node_name> cluster.ocs.openshift.io/openshift-storage=""
  15. 新規ワーカーノードで利用可能なローカルストレージデバイスを OpenShift Container Storage StorageCluster に追加します。

    1. 新規ディスクエントリーを LocalVolume CR に追加します。

      LocalVolume CR を編集します。障害のあるデバイス /dev/disk/by-id/{id} を削除またはコメントアウトし、新規の /dev/disk/by-id/{id} を追加します。

      $ oc get -n local-storage localvolume

      出力例:

      NAME          AGE
      local-block   25h
      $ oc edit -n local-storage localvolume local-block

      出力例:

      [...]
          storageClassDevices:
          - devicePaths:
            - /dev/disk/by-id/nvme-Amazon_EC2_NVMe_Instance_Storage_AWS10382E5D7441494EC
            - /dev/disk/by-id/nvme-Amazon_EC2_NVMe_Instance_Storage_AWS1F45C01D7E84FE3E9
            - /dev/disk/by-id/nvme-Amazon_EC2_NVMe_Instance_Storage_AWS136BC945B4ECB9AE4
            - /dev/disk/by-id/nvme-Amazon_EC2_NVMe_Instance_Storage_AWS10382E5D7441464EP
        #   - /dev/disk/by-id/nvme-Amazon_EC2_NVMe_Instance_Storage_AWS1F45C01D7E84F43E7
        #   - /dev/disk/by-id/nvme-Amazon_EC2_NVMe_Instance_Storage_AWS136BC945B4ECB9AE8
            - /dev/disk/by-id/nvme-Amazon_EC2_NVMe_Instance_Storage_AWS6F45C01D7E84FE3E9
            - /dev/disk/by-id/nvme-Amazon_EC2_NVMe_Instance_Storage_AWS636BC945B4ECB9AE4
            storageClassName: localblock
            volumeMode: Block
      [...]

      CR の編集後に変更を保存するようにしてください。

      この CR に by-id を使用する 2 つの新規デバイスが追加されていることを確認できます。

      • nvme-Amazon_EC2_NVMe_Instance_Storage_AWS6F45C01D7E84FE3E9
      • nvme-Amazon_EC2_NVMe_Instance_Storage_AWS636BC945B4ECB9AE4
    2. localblock と共に PV を表示します。

      $ oc get pv | grep localblock

      出力例:

      local-pv-3646185e   2328Gi  RWO     Delete      Available                                               localblock  9s
      local-pv-3933e86    2328Gi  RWO     Delete      Bound       openshift-storage/ocs-deviceset-2-1-v9jp4   localblock  5h1m
      local-pv-8176b2bf   2328Gi  RWO     Delete      Bound       openshift-storage/ocs-deviceset-0-0-nvs68   localblock  5h1m
      local-pv-ab7cabb3   2328Gi  RWO     Delete      Available                                               localblock  9s
      local-pv-ac52e8a    2328Gi  RWO     Delete      Bound       openshift-storage/ocs-deviceset-1-0-knrgr   localblock  5h1m
      local-pv-b7e6fd37   2328Gi  RWO     Delete      Bound       openshift-storage/ocs-deviceset-2-0-rdm7m   localblock  5h1m
      local-pv-cb454338   2328Gi  RWO     Delete      Bound       openshift-storage/ocs-deviceset-0-1-h9hfm   localblock  5h1m
      local-pv-da5e3175   2328Gi  RWO     Delete      Bound       openshift-storage/ocs-deviceset-1-1-g97lq   localblock  5h
      ...
  16. 以下の手順で、失敗したノードに関連付けられた各 PV および OSD を削除します。

    1. 置き換える OSD に関連付けられた DeviceSet を特定します。

      $ osd_id_to_remove=0
      $ oc get -n openshift-storage -o yaml deployment rook-ceph-osd-${osd_id_to_remove} | grep ceph.rook.io/pvc

      ここで、osd_id_to_removerook-ceph-osd プレフィックスの直後にくる Pod 名の整数です。この例では、デプロイメント名は rook-ceph-osd-0 です。

      出力例:

      ceph.rook.io/pvc: ocs-deviceset-0-0-nvs68
      ceph.rook.io/pvc: ocs-deviceset-0-0-nvs68
    2. PVC に関連付けられた PV を特定します。

      $ oc get -n openshift-storage pvc ocs-deviceset-<x>-<y>-<pvc-suffix>

      ここで、xy、および pvc-suffix は、直前の手順で特定された DeviceSet の値です。

      出力例:

      NAME                      STATUS        VOLUME        CAPACITY   ACCESS MODES   STORAGECLASS   AGE
      ocs-deviceset-0-0-nvs68   Bound   local-pv-8176b2bf   2328Gi      RWO            localblock     4h49m

      この例では、関連付けられた PV は local-pv-8176b2bf です。

    3. 先の手順で特定された PVC を削除します。この例では、PVC 名は OCS-deviceset-0-0-nvs68 です。

      $ oc delete pvc ocs-deviceset-0-0-nvs68 -n openshift-storage

      出力例:

      persistentvolumeclaim "ocs-deviceset-0-0-nvs68" deleted
    4. 先のステップで特定された PV を削除します。この例では、PV 名は local-pv-8176b2bf です。

      $ oc delete pv local-pv-8176b2bf

      出力例:

      persistentvolume "local-pv-8176b2bf" deleted
    5. 失敗した OSD をクラスターから削除します。

      $ oc process -n openshift-storage ocs-osd-removal -p FAILED_OSD_ID=${osd_id_to_remove} | oc create -f -
    6. ocs-osd-removal Pod のステータスをチェックして、OSD が正常に削除されたことを確認します。Completed のステータスで、OSD の削除ジョブが正常に完了したことを確認します。

      # oc get pod -l job-name=ocs-osd-removal-${osd_id_to_remove} -n openshift-storage
      注記

      ocs-osd-removal が失敗し、Pod が予想される Completed の状態にない場合、追加のデバッグのために Pod ログを確認します。以下に例を示します。

      # oc logs -l job-name=ocs-osd-removal-${osd_id_to_remove} -n openshift-storage --tail=-1
    7. OSD Pod デプロイメントを削除します。

      $ oc delete deployment rook-ceph-osd-${osd_id_to_remove} -n openshift-storage
  17. 先の手順で特定された crashcollector Pod デプロイメントを削除します。

    $ oc delete deployment --selector=app=rook-ceph-crashcollector,node_name=<old_node_name> -n openshift-storage
  18. rook-ceph-operator を再起動して Operator の調整を強制的に実行して新規 OSD をデプロイします。

    $ oc get -n openshift-storage pod -l app=rook-ceph-operator

    出力例:

    NAME                                  READY   STATUS    RESTARTS   AGE
    rook-ceph-operator-6f74fb5bff-2d982   1/1     Running   0          5h3m
    1. rook-ceph-operator を削除します。

      $ oc delete -n openshift-storage pod rook-ceph-operator-6f74fb5bff-2d982

      出力例:

      pod "rook-ceph-operator-6f74fb5bff-2d982" deleted
    2. rook-ceph-operator Pod が再起動していることを確認します。

      $ oc get -n openshift-storage pod -l app=rook-ceph-operator

      出力例:

      NAME                                  READY   STATUS    RESTARTS   AGE
      rook-ceph-operator-6f74fb5bff-7mvrq   1/1     Running   0          66s

      新規 OSD の作成には、Operator が起動するまでに数分かかる場合があります。

  19. ocs-osd-removal ジョブを削除します。

    $ oc delete job ocs-osd-removal-${osd_id_to_remove}

    出力例:

    job.batch "ocs-osd-removal-0" deleted

検証手順

  1. 以下のコマンドを実行して、出力で新規ノードが表示されていることを確認します。

    $ oc get nodes --show-labels | grep cluster.ocs.openshift.io/openshift-storage= |cut -d' ' -f1
  2. Workloads Pods をクリックし、新規ノード上の少なくとも以下の Pod が Running 状態にあることを確認します。

    • csi-cephfsplugin-*
    • csi-rbdplugin-*
  3. 他の必要なすべての OpenShift Container Storage Pod が Running 状態にあることを確認します。

    また、増分の mon が新規に作成されており、Running 状態にあることを確認します。

    $ oc get pod -n openshift-storage | grep mon

    出力例:

    rook-ceph-mon-a-64556f7659-c2ngc    1/1     Running     0   5h1m
    rook-ceph-mon-b-7c8b74dc4d-tt6hd    1/1     Running     0   5h1m
    rook-ceph-mon-d-57fb8c657-wg5f2     1/1     Running     0   27m

    OSD と mon が Running 状態になるまで数分かかる場合があります。

  4. 検証手順が失敗した場合は、Red Hat サポートにお問い合わせください
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.