検索

第4章 ストレージノードのスケーリング

download PDF

OpenShift Container Storage のストレージ容量を内部モードでスケーリングするには、以下のいずれかを実行できます。

  • ストレージノードのスケールアップ: 既存の Red Hat OpenShift Container Storage ワーカーノードに対してストレージ容量を追加します。
  • ストレージノードのスケールアウト: ストレージ容量を含む新規ワーカーノードを追加します。

外部モードでストレージをスケーリングするには、Red Hat Ceph Storage のドキュメントを参照してください。

4.1. ストレージノードのスケーリングの要件

ストレージノードをスケーリングする前に、以下のセクションを参照して、特定の Red Hat OpenShift Container Storage インスタンスのノード要件を把握してください。

重要

常にストレージ容量が十分にあることを確認してください。

ストレージが完全に一杯になると、容量を追加したり、ストレージからコンテンツを削除したり、コンテンツを移動して領域を解放することはできません。完全なストレージを復元することは非常に困難です。

容量アラートは、クラスターストレージ容量が合計容量の 75% (ほぼ一杯) および 85% (一杯) になると発行されます。容量についての警告に常に迅速に対応し、ストレージを定期的に確認して、ストレージ領域が不足しないようにします。

ストレージ領域が完全になくなる場合は、Red Hat カスタマーポータルにお問い合わせください。

4.1.1. Red Hat OpenShift Container Storage のサポートされるデプロイメント

  • ユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャー:

    • Amazon Web Services (AWS)
    • VMware
    • ベアメタル
  • インストーラーでプロビジョニングされるインフラストラクチャー:

    • Amazon Web Services (AWS)
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.