検索

第11章 OpenShift Container Storage の更新

download PDF

クラスターを更新するには、まず Red Hat OpenShift Container Platform を更新してから、Red Hat OpenShift Container Storage を更新します。Red Hat OpenShift Container Storage で同じバージョンの Red Hat OpenShift Container Platform を使用することを推奨します。完全な OpenShift Container Platform および OpenShift Container Storage のサポートの容易性や互換性のマトリックスについては、Red Hat ナレッジベースアーティクル を参照してください。

ローカルストレージ Operator の更新:

  • ローカルストレージ Operator が Red Hat OpenShift Container Storage で完全にサポートされるために、ローカルストレージ Operator のバージョンは Red Hat OpenShift Container Platform バージョンと一致する必要があります。
  • ローカルストレージ Operator は、Red Hat OpenShift Container Platform の更新時に更新されません。OpenShift Container Storage クラスターがローカルストレージ Operator を使用するかどうかを確認するには、『トラブルシューティングガイド』の ローカルストレージ Operator デプロイメントの確認についてのセクションを参照してください。

Red Hat OpenShift Container Storage を更新できます。

注記

更新手順は、プロキシー環境の場合と同じです。

11.1. 内部モードでの OpenShift Container Storage の更新

以下の手順に従って、内部モードでデプロイされた OpenShift Container Storage クラスターを更新します。

11.1.1. 内部モードでの OpenShift Container Storage Operator の自動更新の有効化

以下の手順を使用して、OpenShift Container Platform で OpenShift Container Storage Operator の自動の更新承認を有効にします。

前提条件

  • Status カードの Persistent Storage の下で、OCS クラスター が正常であり、データに回復性があることを確認します。
  • OpenShift Container Platform クラスターをバージョン 4.4.X または 4.5.Y に更新する場合、『クラスターの更新』を参照してください。
  • Red Hat OpenShift Container Storage チャネルを stable-4.4 から stable-4.5 に切り替え ます。チャネルについての詳細は、「OpenShift Container Platform アップグレードチャネルおよびリリース」を参照してください。

    注記

    マイナーバージョンを更新する場合(例: 4.4 から 4.5 に更新)にのみチャネルを切り換える必要があり、4.5 のバッチ更新間で更新する場合(例: 4.5.0 から 4.5.1 に更新)はチャネルを切り換える必要はありません。

  • Operator Pod を含むすべての OpenShift Container Storage Pod が openshift-storage namespaceRunning 状態にあることを確認します。

    Pod の状態を確認するには、OpenShift Web コンソールの左側のペインから Workloads Pods をクリックします。Project ドロップダウンリストから openshift-storage を選択します。

  • 更新時間はクラスターで実行される OSD の数によって異なるため、Openshift Container Storage (OCS) 更新プロセスを完了するのに十分な時間を確保してください。

手順

  1. OpenShift Web コンソールにログインします。
  2. Operators Installed Operators をクリックします。
  3. openshift-storage プロジェクトを選択します。
  4. OpenShift Container Storage Operator 名をクリックします。
  5. Subscription タブをクリックしてから、Approval の下にあるリンクをクリックします。
  6. Automatic (default) を選択し、Save をクリックします。
  7. Upgrade Status に応じて以下ののいずれかを実行します。

    • Upgrade Status には、requires approval表示されます

      注記

      Upgrade status には、新規 OpenShift Container Storage バージョンがチャネルですでに検知され、承認ストラテジーが更新時に Manual から Automatic に変更されている場合に requires approval が表示されます。

      1. Install Plan リンクをクリックします。
      2. InstallPlan Details ページで、Preview Install Plan をクリックします。
      3. インストール計画を確認し、Approve をクリックします。
      4. StatusUnknown から Created に変更されるまで待機します。
      5. Operators Installed Operators をクリックします。
      6. openshift-storage プロジェクトを選択します。
      7. StatusUp to date に変更するまで待機します。
    • Upgrade Status には、requires approval表示されません

      1. 更新が開始するまで待機します。これには、最長 20 分の時間がかかる可能性があります。
      2. Operators Installed Operators をクリックします。
      3. openshift-storage プロジェクトを選択します。
      4. StatusUp to date に変更するまで待機します。

検証手順

  1. Overview Persistent Storage タブをクリックし、Status カードで、OCS クラスター に正常であることを示す緑色のチェックマークが表示されていることを確認します。
  2. Operators Installed Operators OpenShift Container Storage Operator をクリックします。Storage Cluster で、クラスターサービスのステータスが Ready であることを確認します。

    注記

    OpenShift Container Storage バージョン 4.4 から 4.5 に更新された後も、Version フィールドには依然として 4.4 が表示されます。これは、ocs-operator がこのフィールドで表示される文字列を更新しないためです。

  3. Operator Pod を含むすべての OpenShift Container Storage Pod が openshift-storage namespaceRunning 状態にあることを確認します。

    Pod の状態を確認するには、OpenShift Web コンソールの左側のペインから Workloads Pods をクリックします。Project ドロップダウンリストから openshift-storage を選択します。

  4. 検証手順が失敗した場合は、Red Hat サポートにお問い合わせください

関連情報

OpenShift Container Storage の更新中に問題が発生した場合は、『トラブルシューティング 』ガイド の「 トラブルシューティングに一般に必要になるログ 」セクションを参照してください。

11.1.2. 内部モードでの OpenShift Container Storage Operator の手動による更新

以下の手順を使用して、インストール計画に手動の承認を指定し、OpenShift Container Storage Operator を更新します。

前提条件

  • Status カードの Persistent Storage の下で、OCS クラスター が正常であり、データに回復性があることを確認します。
  • OpenShift Container Platform クラスターをバージョン 4.4.X または 4.5.Y に更新する場合、『クラスターの更新』を参照してください。
  • Red Hat OpenShift Container Storage チャネルを stable-4.4 から stable-4.5 に切り替え ます。チャネルについての詳細は、「OpenShift Container Platform アップグレードチャネルおよびリリース」を参照してください。

    注記

    マイナーバージョンを更新する場合(例: 4.4 から 4.5 に更新)にのみチャネルを切り換える必要があり、4.5 のバッチ更新間で更新する場合(例: 4.5.0 から 4.5.1 に更新)はチャネルを切り換える必要はありません。

  • Operator Pod を含むすべての OpenShift Container Storage Pod が openshift-storage namespaceRunning 状態にあることを確認します。

    Pod の状態を確認するには、OpenShift Web コンソールの左側のペインから Workloads Pods をクリックします。Project ドロップダウンリストから openshift-storage を選択します。

  • 更新時間はクラスターで実行される OSD の数によって異なるため、Openshift Container Storage (OCS) 更新プロセスを完了するのに十分な時間を確保してください。

手順

  1. OpenShift Web コンソールにログインします。
  2. Operators Installed Operators をクリックします。
  3. openshift-storage プロジェクトを選択します。
  4. OpenShift Container Storage Operator 名をクリックします。
  5. Subscription タブをクリックしてから、Approval の下にあるリンクをクリックします。
  6. Manual を選択し、Save をクリックします。
  7. Upgrade StatusUpgrading に変更するまで待機します。
  8. Upgrade Statusrequires approval が表示される場合は、requires approval をクリックします。
  9. InstallPlan Details ページで、Preview Install Plan をクリックします。
  10. インストール計画を確認し、Approve をクリックします。
  11. StatusUnknown から Created に変更されるまで待機します。
  12. Operators Installed Operators をクリックします。
  13. openshift-storage プロジェクトを選択します。
  14. StatusUp to date に変更するまで待機します。

検証手順

  1. Overview Persistent Storage タブをクリックし、Status カードで、OCS クラスター に正常であることを示す緑色のチェックマークが表示されていることを確認します。
  2. Operators Installed Operators OpenShift Container Storage Operator をクリックします。Storage Cluster で、クラスターサービスのステータスが Ready であることを確認します。

    注記

    OpenShift Container Storage バージョン 4.4 から 4.5 に更新された後も、Version フィールドには依然として 4.4 が表示されます。これは、ocs-operator がこのフィールドで表示される文字列を更新しないためです。

  3. Operator Pod を含むすべての OpenShift Container Storage Pod が openshift-storage namespaceRunning 状態にあることを確認します。

    Pod の状態を確認するには、OpenShift Web コンソールの左側のペインから Workloads Pods をクリックします。Project ドロップダウンリストから openshift-storage を選択します。

  4. 検証手順が失敗した場合は、Red Hat サポートにお問い合わせください

関連情報

OpenShift Container Storage の更新中に問題が発生した場合は、『トラブルシューティング 』ガイド の「 トラブルシューティングに一般に必要になるログ 」セクションを参照してください。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.