検索

第3章 ブロックプール

download PDF

OpenShift Data Foundation Operator は、使用されるプラットフォームに応じてデフォルトのストレージプールのセットをインストールします。これらのデフォルトストレージプールは Operator によって所有され、制御されるため、削除したり変更したりすることはできません。OpenShift Container Platform を使用して、以下の機能を提供するストレージクラスにマップする複数のカスタムストレージプールを作成できます。

  • それぞれに高可用性のあるアプリケーションを有効にして、2 つのレプリカを持つ永続ボリュームを使用できるようにします。これにより、アプリケーションのパフォーマンスが向上する可能性があります。
  • 圧縮が有効にされているストレージクラスを使用して永続ボリューム要求の領域を節約します。
注記

エクスターナルモード の OpenShift Data Foundation クラスターでは、複数のブロックプールはサポートされません。

3.1. ブロックプールの作成

前提条件

  • 管理者として OpenShift Container Platform Web コンソールにログインしている必要があります。

手順

  1. Storage OpenShift Data Foundation をクリックします。
  2. Storage systems タブでストレージシステムを選択し、BlockPools タブをクリックします。
  3. Create Block Pool をクリックします。
  4. Pool name を入力します。
  5. Data protection policy2-way Replication または 3-way Replication のいずれかとして選択します。
  6. Volume Type を選択します。
  7. オプション: データを圧縮する必要がある場合は、Enable compression のチェックボックスを選択します。

    圧縮を有効にするとアプリケーションのパフォーマンスに影響がある可能性があり、書き込まれるデータがすでに圧縮または暗号化されている場合は効果的ではない可能性があります。圧縮を有効にする前に書き込まれたデータは圧縮されません。

  8. Create をクリックします。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.