検索

第9章 ボリュームスナップショット

download PDF

ボリュームスナップショットは、特定の時点におけるクラスター内のストレージボリュームの状態を表します。これらのスナップショットは、毎回フルコピーを作成する必要がないので、より効率的にストレージを使用するのに役立ち、アプリケーション開発のビルディングブロックとして使用できます。

ボリュームスナップショットクラスを使用すると、管理者はボリュームスナップショットオブジェクトに属する異なる属性を指定できます。OpenShift Data Foundation Operator は、使用されるプラットフォームに応じてデフォルトのボリュームスナップショットクラスをインストールします。これらのデフォルトボリュームスナップショットクラスは Operator によって所有され、制御されるため、削除したり変更したりすることはできません。

同じ永続ボリューム要求 (PVC) のスナップショットを複数作成できますが、スナップショットの定期的な作成をスケジュールすることはできません。

  • CephFS の場合、PVC ごとに最大 100 スナップショットを作成できます。
  • RADOS Block Device (RBD) の場合、PVC ごとに最大 512 スナップショットを作成できます。
注記

永続ボリュームの暗号化がボリュームのスナップショットをサポートするようになりました。

9.1. ボリュームスナップショットの作成

Persistent Volume Claim(永続ボリューム要求、PVC) ページまたは Volume Snapshots ページのいずれかからボリュームスナップショットを作成できます。

前提条件

  • 一貫性のあるスナップショットを使用するには、PVC は Bound 状態にあり、使用されていない必要があります。スナップショットを作成する前に、必ずすべての IO を停止してください。
注記

Pod が使用している場合、OpenShift Data Foundation は PVC のボリュームスナップショットのクラッシュの一貫性だけを提供します。アプリケーションの一貫性を保つために、まず実行中の Pod を破棄してスナップショットの一貫性を確保するか、またはアプリケーションが提供する静止メカニズムを使用してこれを確保します。

手順

Persistent Volume Claims ページで以下を実行します。
  1. OpenShift Web コンソールで、Storage Persistent Volume Claims をクリックします。
  2. ボリュームのスナップショットを作成するには、以下のいずれかを実行します。

    • 必要な PVC の横にある Action メニュー (⋮) Create Snapshot をクリックします。
    • スナップショットを作成する PVC をクリックし、Actions Create Snapshot をクリックします。
  3. ボリュームスナップショットの Name を入力します。
  4. ドロップダウンリストから Snapshot Class を選択します。
  5. Create をクリックします。作成されるボリュームスナップショットの Details ページにリダイレクトされます。
Volume Snapshots ページで以下を実行します。
  1. OpenShift Web コンソールで Storage Volume Snapshots をクリックします。
  2. Volume Snapshots ページで、Create Volume Snapshot をクリックします。
  3. ドロップダウンリストから必要な Project を選択します。
  4. ドロップダウンリストから Persistent Volume Claim を選択します。
  5. スナップショットの Name を入力します。
  6. ドロップダウンリストから Snapshot Class を選択します。
  7. Create をクリックします。作成されるボリュームスナップショットの Details ページにリダイレクトされます。

検証手順

  • PVC の Details ページに移動し、Volume Snapshots タブをクリックしてボリュームスナップショットの一覧を表示します。新規スナップショットが一覧表示されていることを確認します。
  • OpenShift Web コンソールで Storage Volume Snapshots をクリックします。新規スナップショットが一覧表示されていることを確認します。
  • ボリュームスナップショットが Ready 状態になるまで待機します。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.