検索

3.4. OpenShift クラスターへのアクセス

download PDF

OpenShift Container Platform Web コンソールまたは OpenShift CLI (oc) を使用して、Red Hat OpenShift Local インスタンスで実行されている OpenShift Container Platform クラスターにアクセスします。

3.4.1. OpenShift Web コンソールへのアクセス

Web ブラウザーを使用して、OpenShift Container Platform コンソールにアクセスします。

kubeadmin または developer ユーザーのいずれかを使用してクラスターにアクセスします。プロジェクトまたは OpenShift アプリケーションを作成するために、developer ユーザーを使用し、アプリケーションのデプロイメントに使用します。kubeadmin ユーザーは、新しいユーザーの作成やロールの設定などの管理作業にのみ使用してください。

前提条件

手順

  1. デフォルトの Web ブラウザーで OpenShift Container Platform Web コンソールにアクセスするには、以下のコマンドを実行します。

    $ crc console
  2. crc start コマンドの出力でパスワードが出力された developer ユーザーとしてログインします。また、次のコマンドを実行すると、developer および kubeadmin ユーザーのパスワードを確認できます。

    $ crc console --credentials

Red Hat OpenShift Local によって管理されている OpenShift Container Platform クラスターにアクセスできない場合は、Red Hat OpenShift Local のトラブルシューティング を参照してください。

関連情報

3.4.2. OpenShift CLI による OpenShift クラスターへのアクセス

OpenShift CLI (oc) を使用して、Red Hat OpenShift Local によって管理される OpenShift Container Platform クラスターにアクセスします。

前提条件

手順

  1. crc oc-env コマンドを実行して、キャッシュされた oc 実行可能ファイルを $PATH に追加します。

    $ crc oc-env
  2. 出力されたコマンドを実行します。
  3. developer ユーザーとしてログインします。

    $ oc login -u developer https://api.crc.testing:6443
    注記

    crc start コマンドは、developer ユーザーのパスワードを出力します。crc console --credentials コマンドを実行して表示することもできます。

  4. oc を使用して OpenShift Container Platform クラスターと対話できるようになりました。たとえば、OpenShift Container Platform クラスター Operator が利用可能であることを確認するには、kubeadmin ユーザーとしてログインし、以下のコマンドを実行します。

    $ oc config use-context crc-admin
    $ oc whoami
    kubeadmin
    $ oc get co
    注記

    Red Hat OpenShift Local は、デフォルトで Cluster Monitoring Operator を無効にします。

Red Hat OpenShift Local によって管理されている OpenShift Container Platform クラスターにアクセスできない場合は、Red Hat OpenShift Local のトラブルシューティング を参照してください。

関連情報

3.4.3. 内部 OpenShift レジストリーへのアクセス

Red Hat OpenShift Local インスタンスで実行している OpenShift Container Platform クラスターには、デフォルトで内部コンテナーイメージレジストリーが含まれています。この内部コンテナーイメージレジストリーは、ローカル開発コンテナーイメージの公開ターゲットとして使用できます。内部 OpenShift Container Platform レジストリーにアクセスするには、以下の手順に従います。

前提条件

手順

  1. クラスターにログインしているユーザーを確認します。

    $ oc whoami
    注記

    デモの目的で、現在のユーザーは kubeadmin であると想定されます。

  2. トークンでそのユーザーとしてレジストリーにログインします。

    $ oc registry login --insecure=true
  3. 新しいプロジェクトを作成します。

    $ oc new-project demo
  4. コンテナーイメージの例をミラーリングします。

    $ oc image mirror registry.access.redhat.com/ubi8/ubi:latest=default-route-openshift-image-registry.apps-crc.testing/demo/ubi8:latest --insecure=true --filter-by-os=linux/amd64
  5. イメージストリームを取得し、プッシュされたイメージが表示されていることを確認します。

    $ oc get is
  6. イメージストリームでイメージルックアップを有効にします。

    $ oc set image-lookup ubi8

    この設定により、内部レジストリーに完全な URL を指定せずに、イメージストリームをイメージのソースに指定できます。

  7. 最近プッシュされたイメージを使用して Pod を作成します。

    $ oc run demo --image=ubi8 --command -- sleep 600s
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.