検索

第2章 Red Hat OpenShift Local のインストール

download PDF

2.1. 最小システム要件

Red Hat OpenShift Local の最小ハードウェアおよびオペレーティングシステムの要件は以下のとおりです。

2.1.1. ハードウェア要件

Red Hat OpenShift Local は、次のアーキテクチャーでサポートされています。

表2.1 プリセットとアーキテクチャーの互換性
プリセットAMD64Intel 64Apple シリコン

OpenShift Container Platform

はい

はい

はい

MicroShift

はい

はい

はい

Red Hat OpenShift Local は、ネストされた仮想化をサポートしていません。

必要なコンテナーランタイムに応じて、Red Hat OpenShift Local には次のシステムリソースが必要です。

2.1.1.1. OpenShift Container Platform の場合

  • 物理 CPU コア 4 個
  • 空きメモリー 10.5 GB
  • ストレージ領域の 35 GB

2.1.1.2. MicroShift の場合

  • 物理 CPU コア 2 個
  • 空きメモリー 4 GB
  • ストレージ領域の 35 GB
注記

OpenShift Container Platform および MicroShift プリセットを Red Hat OpenShift Local インスタンスで実行するには、これらの最小限のリソースが必要です。一部のワークロードでは、より多くのリソースが必要になる場合があります。Red Hat OpenShift Local インスタンスにさらに多くのリソースを割り当てるには、インスタンスの設定 を参照してください。

2.1.2. オペレーティングシステム要件

Red Hat OpenShift Local には、サポートされるオペレーティングシステムの最小バージョンが必要です。

2.1.2.1. Microsoft Windows の要件

  • Microsoft Windows では、Red Hat OpenShift Local には完全に更新された Microsoft Windows 10 または Microsoft Windows 11 が必要です。Red Hat OpenShift Local は、Microsoft Windows の以前のバージョンでは動作しません。
  • Red Hat OpenShift Local は、Microsoft Windows Home Edition では動作しません。

2.1.2.2. MacOS の要件

  • macOS では、Red Hat OpenShift Local には macOS 12 Monterey 以降が必要です。Red Hat OpenShift Local は、以前のバージョンの MacOS では機能しません。

2.1.2.3. Linux の要件

  • Linux を使用する場合、Red Hat OpenShift Local は Red Hat Enterprise Linux/CentOS 8 および 9 マイナーリリースと安定した Fedora リリースのそれぞれ最新バージョン 2 つのみでサポートされます。
  • Red Hat Enterprise Linux を使用する場合は、Red Hat OpenShift Local を実行するマシンが Red Hat カスタマーポータルに登録されている 必要があります。
  • Ubuntu 18.04 LTS 以降および Debian 10 以降はサポートされておらず、ホストマシンの手動設定が必要になる場合があります。
  • Linux ディストリビューションに必要なパッケージをインストールするには、必要なソフトウェアパッケージ を参照してください。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.