検索

2.6. オーバークラウド作成時の環境ファイルの追加

download PDF

デプロイメントのコマンド (openstack overcloud deploy) で -e オプションを使用して、オーバークラウドをカスタマイズするための環境ファイルを追加します。必要に応じていくつでも環境ファイルを追加することができます。ただし、後で実行される環境ファイルで定義されているパラメーターとリソースが優先されることになるため、環境ファイルの順番は重要です。たとえば、以下に示す 2 つの環境ファイルを作成したとします。

environment-file-1.yaml

resource_registry:
  OS::TripleO::NodeExtraConfigPost: /home/stack/templates/template-1.yaml

parameter_defaults:
  RabbitFDLimit: 65536
  TimeZone: 'Japan'

environment-file-2.yaml

resource_registry:
  OS::TripleO::NodeExtraConfigPost: /home/stack/templates/template-2.yaml

parameter_defaults:
  TimeZone: 'Hongkong'

次に両環境ファイルを指定してデプロイを実行します。

$ openstack overcloud deploy --templates -e environment-file-1.yaml -e environment-file-2.yaml

この例では、両環境ファイルに共通のリソース種別 (OS::TripleO::NodeExtraConfigPost) と共通のパラメーター (TimeZone) が含まれています。openstack overcloud deploy コマンドは、以下のプロセスを順に実行します。

  1. --template オプションで指定したコア Heat テンプレートからデフォルト設定を読み込みます。
  2. environment-file-1.yaml の設定を適用します。この設定により、デフォルト設定と共通している設定は上書きされます。
  3. environment-file-2.yaml の設定を適用します。この設定により、デフォルト設定および environment-file-1.yaml と共通している設定は上書きされます。

これにより、オーバークラウドのデフォルト設定が以下のように変更されます。

  • OS::TripleO::NodeExtraConfigPost リソースは、environment-file-2.yaml で指定されているとおりに /home/stack/templates/template-2.yaml に設定されます。
  • TimeZone パラメーターは、environment-file-2.yaml で指定されているとおりに Hongkong に設定されます。
  • RabbitFDLimit パラメーターは、environment-file-1.yaml に従って65536 に設定されます。environment-file-2.yaml はこの値を変更しません。

これにより、複数の環境ファイルの値が競合することなくオーバークラウドにカスタム設定を定義することができます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.