検索

8.3. オーバークラウドイメージのアップグレード

download PDF

現在のオーバークラウドイメージを新しいバージョンに置き換える必要があります。新しいイメージにより、director は最新バージョンの OpenStack Platform ソフトウェアを使用してノードのイントロスペクションとプロビジョニングを行うことができるようになります。

前提条件

  • アンダークラウドが最新バージョンにアップグレードされていること

手順

  1. アンダークラウドのアクセス情報を読み込みます。

    $ source ~/stackrc
  2. stack ユーザーのホーム下の images ディレクトリー (/home/stack/images) から既存のイメージを削除します。

    $ rm -rf ~/images/*
  3. アーカイブを展開します。

    $ cd ~/images
    $ for i in /usr/share/rhosp-director-images/overcloud-full-latest-13.0.tar /usr/share/rhosp-director-images/ironic-python-agent-latest-13.0.tar; do tar -xvf $i; done
    $ cd ~
  4. director に最新のイメージをインポートします。

    $ openstack overcloud image upload --update-existing --image-path /home/stack/images/
  5. ノードが新しいイメージを使用するように設定します。

    $ openstack overcloud node configure $(openstack baremetal node list -c UUID -f value)
  6. 新規イメージが存在することを確認します。

    $ openstack image list
    $ ls -l /httpboot
重要

オーバークラウドノードをデプロイする際には、オーバークラウドイメージのバージョンが、その heat テンプレートバージョンに対応していることを確認してください。たとえば、OpenStack Platform 13 の Heat テンプレートには、OpenStack Platform 13 のイメージのみを使用してください。

重要

新しい overcloud-full イメージは、古い overcloud-full イメージを置き換えます。古いイメージに変更を加えた場合、特に新規ノードを今後デプロイする必要がある場合には、新しいイメージで変更を繰り返す必要があります。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.