検索

1.2.2.2. NFS バックエンドに CephFS を使用した Shared File Systems サービスの耐障害性

download PDF

Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) director が Ceph サービスデーモンを起動すると、これらのデーモンは自己の高可用性 (HA) 状態を管理し、一般的に、これらのデーモン用に複数のインスタンスが実行されます。これとは対照的に、本リリースでは、ファイル共有を提供することのできる NFS-Ganesha 用インスタンスは、常に 1 つだけです。

NFS バックエンドに CephFS を使用したファイル共有では、データパスに単一障害点が生じるのを避けるために、NFS-Ganesha はアクティブ/パッシブ設定 (Pacemaker-Corosync クラスターが管理) の RHOSP コントローラーノード上で実行されます。NFS-Ganesha は、複数のコントローラーノードに渡って仮想サービス IP アドレスを持つ仮想サービスとして機能します。

コントローラーノードに障害が発生した、あるいは特定のコントローラーノード上のサービスに障害が発生し、そのノードで復帰できない場合には、Pacemaker-Corosync は同じ仮想 IP アドレスを使用して新たな NFS-Ganesha インスタンスを別のコントローラーノード上で起動します。既存クライアントのマウントはファイル共有のエクスポート場所の仮想 IP アドレスを使用するので、これらのマウントは維持されます。

デフォルトの NFS マウントオプション設定および NFS 4.1 以降を使用している場合には、障害発生後に TCP 接続がリセットされ、クライアントが再接続されます。フェイルオーバー中は I/O 操作が一時的に応答しなくなりますが、機能は失われません。アプリケーション I/O も応答しなくなりますが、フェイルオーバーが完了すると処理が再開されます。

最大 90 秒の猶予期間 (クライアントがロックを再要求するのをサーバーが待機する期間) が経過するまで、新規接続や新たなロック状態などは拒否されます。NFS-Ganesha はクライアントの一覧を維持し、すべてのクライアントがロックを再要求すると、その時点で猶予期間を終了します。

注記

猶予期間のデフォルト値は 90 秒です。この値を変更するには、NFSv4 Grace_Period 設定オプションを編集します。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.