検索

第11章 その他のネットワーク設定

download PDF

本章では、10章カスタムネットワークインターフェイステンプレートで説明した概念および手順に続いて、オーバークラウドネットワークの要素を設定する際に役立つその他の情報を提供します。

11.1. カスタムインターフェイスの設定

インターフェイスは個別に変更を加える必要がある場合があります。以下の例では、DHCP アドレスを使用してインフラストラクチャーネットワークに接続するための 2 つ目の NIC およびボンディング用の 3 つ目/4 つ目の NIC を使用するのに必要となる変更を紹介します。

network_config:
  # Add a DHCP infrastructure network to nic2
  - type: interface
    name: nic2
    use_dhcp: true
  - type: ovs_bridge
    name: br-bond
    members:
      - type: ovs_bond
        name: bond1
        ovs_options:
          get_param: BondInterfaceOvsOptions
        members:
          # Modify bond NICs to use nic3 and nic4
          - type: interface
            name: nic3
            primary: true
          - type: interface
            name: nic4

ネットワークインターフェイスのテンプレートは、実際のインターフェイス名 (eth0eth1enp0s25) または番号付きのインターフェイス (nic1nic2nic3) のいずれかを使用します。名前付きのインターフェイス (eth0eno2 など) ではなく、番号付きのインターフェイス (nic1nic2 など) を使用した場合には、ロール内のホストのネットワークインターフェイスは、全く同じである必要はありません。たとえば、あるホストに em1em2 のインターフェイスが指定されており、別のホストには eno1eno2 が指定されていても、両ホストの NIC は nic1 および nic2 として参照することができます。

番号付きのインターフェイスの順序は、名前付きのネットワークインターフェイスのタイプの順序と同じです。

  • eth0eth1 などの ethX。これらは、通常オンボードのインターフェイスです。
  • eno0eno1 などの enoX。これらは、通常オンボードのインターフェイスです。
  • enp3s0enp3s1ens3 などの英数字順の enX インターフェイス。これらは、通常アドオンのインターフェイスです。

番号による NIC スキームには、アクティブなインターフェイスだけが含まれます (たとえば、インターフェイスにスイッチに接続されたケーブルがあるかどうかが考慮されます)。4 つのインターフェイスを持つホストと、6 つのインターフェイスを持つホストがある場合は、nic1 から nic4 を使用して各ホストで 4 本のケーブルだけを結線します。

nic1nic2 ・・・としてマッピングする物理 NIC を事前に定義できるように、物理インターフェイスを特定のエイリアスにハードコーディングすることができます。また、MAC アドレスを指定したエイリアスにマッピングすることもできます。

注記

通常、os-net-config はすでに接続済みの UP 状態のインターフェイスしか登録しません。ただし、カスタムマッピングファイルを使用してインターフェイスをハードコーディングすると、DOWN 状態のインターフェイスであっても登録されます。

インターフェイスは、環境ファイルを使用してエイリアスにマッピングされます。以下の例では、各ノードの nic1 および nic2 にエントリーが事前定義されます。

注記

NetConfigDataLookup 設定を使用する場合は、NodeUserData リソースレジストリーに os-net-config-mappings.yaml ファイルも含める必要があります。

resource_registry:
  OS::TripleO::NodeUserData: /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/firstboot/os-net-config-mappings.yaml
parameter_defaults:
  NetConfigDataLookup:
    node1:
      nic1: "em1"
      nic2: "em2"
    node2:
      nic1: "00:50:56:2F:9F:2E"
      nic2: "em2"

得られた設定は、os-net-config により適用されます。これぞれのノードで、適用された設定が /etc/os-net-config/mapping.yaml ファイルの interface_mapping セクションに表示されます。

注記

NetConfigDataLookup パラメーターは、事前にプロビジョニングされたノードへのデプロイメント時に適用されません。事前にプロビジョニングされたノードでカスタムインターフェイスマッピングを使用する場合は、デプロイメントの前に各ノードに /etc/os-net-config/mapping.yaml ファイルを作成する必要があります。/etc/os-net-config/mapping.yaml ファイルのインターフェイスマッピングの例を以下に示します。

interface_mapping:
  nic1: em1
  nic2: em2
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.