検索

15.5. Red Hat Identity Manager (IdM) へのアンダークラウドノードの追加

download PDF

アンダークラウドノードを認証局 (CA) に追加したら、アンダークラウドを IdM に登録して novajoin を設定します。undercloud.conf ファイルの [DEFAULT] セクションで、以下の設定を行います。

手順

  1. novajoin サービスを有効にします。

    [DEFAULT]
    enable_novajoin = true
  2. アンダークラウドノードを IdM に登録できるように、ワンタイムパスワード (OTP) を設定します。

    ipa_otp = <otp>
  3. neutron の DHCP サーバーにより提供されるように、オーバークラウドのドメイン名を設定します。

    overcloud_domain_name = <domain>
  4. アンダークラウドのホスト名を設定します。

    undercloud_hostname = <undercloud FQDN>
  5. アンダークラウドのネームサーバーとして IdM を設定します。

    undercloud_nameservers = <IdM IP>
  6. より大規模な環境の場合には、novajoin の接続タイムアウト値を見直します。undercloud.conf ファイルで、undercloud-timeout.yaml という名前の新規ファイルへの参照を追加します。

    hieradata_override = /home/stack/undercloud-timeout.yaml

    undercloud-timeout.yaml に以下のオプションを追加します。タイムアウト値は秒単位で指定することができます (例: 5)。

    nova::api::vendordata_dynamic_connect_timeout: <timeout value>
    nova::api::vendordata_dynamic_read_timeout: <timeout value>
  7. オプション: ローカルの openSSL 認証局に director のパブリックエンドポイントの SSL 証明書を生成させる場合は、generate_service_certificate パラメーターを true に設定します。

    generate_service_certificate = true
  8. undercloud.conf ファイルを保存します。
  9. アンダークラウドのデプロイコマンドを実行して、既存のアンダークラウドに変更を適用します。

    $ openstack undercloud install

検証

以下の手順を実施して、アンダークラウドが正しく登録されたことを確認します。

  1. IdM のホストをリスト表示します。

    $ kinit admin
    $ ipa host-find
  2. アンダークラウドに /etc/novajoin/krb5.keytab が存在することを確認します。

    ls /etc/novajoin/krb5.keytab
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.