検索

17.4. 外部の Ceph Object Gateway を使用するための Ceph Object Store の設定

download PDF

Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) director は、外部の Ceph Object Gateway (RGW) を Object Store サービスとして設定することをサポートしています。外部 RGW サービスで認証するには、Identity サービス (keystone) のユーザーとそのロールを確認するように RGW を設定する必要があります。

外部 Ceph Object Gateway の設定方法に関する詳細は、Ceph Object Gateway ガイドでの Keystone の使用Keystone 認証を使用するように Ceph Object Gateway を設定 を参照してください。

手順

  1. カスタム環境ファイル (swift-external-params.yaml 等) に以下の parameter_defaults を追加し、実際のデプロイメントに合わせて値を調整します。

    parameter_defaults:
       ExternalSwiftPublicUrl: 'http://<Public RGW endpoint or loadbalancer>:8080/swift/v1/AUTH_%(project_id)s'
       ExternalSwiftInternalUrl: 'http://<Internal RGW endpoint>:8080/swift/v1/AUTH_%(project_id)s'
       ExternalSwiftAdminUrl: 'http://<Admin RGW endpoint>:8080/swift/v1/AUTH_%(project_id)s'
       ExternalSwiftUserTenant: 'service'
       SwiftPassword: 'choose_a_random_password'
    注記

    サンプルコードスニペットには、お使いの環境で使用する値とは異なるパラメーター値が含まれる場合があります。

    • リモート RGW インスタンスがリッスンするデフォルトのポートは 8080 です。外部 RGW の設定方法によっては、ポートが異なる場合があります。
    • オーバークラウドで作成した swift ユーザーは、SwiftPassword パラメーターで定義したパスワードを使用します。rgw_keystone_admin_password を使用し、Identity サービスに対する認証に同じパスワードを使用するように外部 RGW インスタンスを設定する必要があります。
  2. Ceph 設定ファイルに以下のコードを追加して、Identity サービスを使用するように RGW を設定します。変数の値を実際の環境に応じて置き換えます。

        rgw_keystone_api_version = 3
        rgw_keystone_url = http://<public Keystone endpoint>:5000/
        rgw_keystone_accepted_roles = member, Member, admin
        rgw_keystone_accepted_admin_roles = ResellerAdmin, swiftoperator
        rgw_keystone_admin_domain = default
        rgw_keystone_admin_project = service
        rgw_keystone_admin_user = swift
        rgw_keystone_admin_password = <password_as_defined_in_the_environment_parameters>
        rgw_keystone_implicit_tenants = true
        rgw_keystone_revocation_interval = 0
        rgw_s3_auth_use_keystone = true
        rgw_swift_versioning_enabled = true
        rgw_swift_account_in_url = true
    注記

    デフォルトでは、director は Identity サービスに以下のロールとユーザーを作成します。

    • rgw_keystone_accepted_admin_roles: ResellerAdmin, swiftoperator
    • rgw_keystone_admin_domain: default
    • rgw_keystone_admin_project: service
    • rgw_keystone_admin_user: swift
  3. デプロイメントに該当するその他の環境ファイルと共に、追加の環境ファイルを指定して、オーバークラウドをデプロイします。

    openstack overcloud deploy --templates \
    -e <your_environment_files>
    -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/swift-external.yaml
    -e swift-external-params.yaml

検証

  1. アンダークラウドに stack ユーザーとしてログインします。
  2. source コマンドで overcloudrc ファイルを読み込みます。

    $ source ~/stackrc
  3. エンドポイントが Identity サービス (keystone) に存在することを確認します。

    $ openstack endpoint list --service object-store
    
    +---------+-----------+-------+-------+---------+-----------+---------------+
    | ID | Region    | Service Name | Service Type | Enabled | Interface | URL |
    +---------+-----------+-------+-------+---------+-----------+---------------+
    | 233b7ea32aaf40c1ad782c696128aa0e | regionOne | swift | object-store | True    | admin     | http://192.168.24.3:8080/v1/AUTH_%(project_id)s |
    | 4ccde35ac76444d7bb82c5816a97abd8 | regionOne | swift | object-store | True    | public    | https://192.168.24.2:13808/v1/AUTH_%(project_id)s |
    | b4ff283f445348639864f560aa2b2b41 | regionOne | swift | object-store | True    | internal  | http://192.168.24.3:8080/v1/AUTH_%(project_id)s |
    +---------+-----------+-------+-------+---------+-----------+---------------+
  4. テストコンテナーを作成します。

    $ openstack container create <testcontainer>
    +----------------+---------------+------------------------------------+
    | account | container | x-trans-id |
    +----------------+---------------+------------------------------------+
    | AUTH_2852da3cf2fc490081114c434d1fc157 | testcontainer | tx6f5253e710a2449b8ef7e-005f2d29e8 |
    +----------------+---------------+------------------------------------+
  5. 設定ファイルを作成し、データをコンテナーにアップロードできることを確認します。

    $ openstack object create testcontainer undercloud.conf
    +-----------------+---------------+----------------------------------+
    | object          | container     | etag                             |
    +-----------------+---------------+----------------------------------+
    | undercloud.conf | testcontainer | 09fcffe126cac1dbac7b89b8fd7a3e4b |
    +-----------------+---------------+----------------------------------+
  6. テストコンテナーを削除します。

    $ openstack container delete -r <testcontainer>
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.