検索

6.6. 新規ロールの作成

download PDF

コンポーザブルサービスのアーキテクチャーを使用して、デプロイメントの要件に応じて新規ロールを作成することができます。たとえば、OpenStack Dashboard (horizon) だけをホストする新しい Horizon ロールを作成するケースを考えます。

注記

ロール名は文字で始まり、文字または数字で終わり、文字、数字、およびハイフンのみを含む必要があります。ロール名にはアンダースコアを使用しないでください。

手順

  1. デフォルトの roles ディレクトリーのカスタムコピーを作成します。

    $ cp -r /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/roles ~/.
  2. ~/roles/Horizon.yaml という名前の新規ファイルを作成して、ベースおよびコアの OpenStack Dashboard サービスが含まれた Horizon ロールを新規作成します。

    - name: Horizon
      CountDefault: 1
      HostnameFormatDefault: '%stackname%-horizon-%index%'
      ServicesDefault:
        - OS::TripleO::Services::CACerts
        - OS::TripleO::Services::Kernel
        - OS::TripleO::Services::Ntp
        - OS::TripleO::Services::Snmp
        - OS::TripleO::Services::Sshd
        - OS::TripleO::Services::Timezone
        - OS::TripleO::Services::TripleoPackages
        - OS::TripleO::Services::TripleoFirewall
        - OS::TripleO::Services::SensuClient
        - OS::TripleO::Services::FluentdClient
        - OS::TripleO::Services::AuditD
        - OS::TripleO::Services::Collectd
        - OS::TripleO::Services::MySQLClient
        - OS::TripleO::Services::Apache
        - OS::TripleO::Services::Horizon

    CountDefault1 に設定して、デフォルトのオーバークラウドに常に Horizon ノードが含まれるようにすると良いでしょう。

  3. (オプション) 既存のオーバークラウド内でサービスをスケーリングする場合は、既存のサービスを Controller ロール上に保持します。新規オーバークラウドを作成して、OpenStack Dashboard がスタンドアロンのロールに残るようにするには、Controller ロールの定義から OpenStack Dashboard コンポーネントを削除します。

    - name: Controller
      CountDefault: 1
      ServicesDefault:
        ...
        - OS::TripleO::Services::GnocchiMetricd
        - OS::TripleO::Services::GnocchiStatsd
        - OS::TripleO::Services::HAproxy
        - OS::TripleO::Services::HeatApi
        - OS::TripleO::Services::HeatApiCfn
        - OS::TripleO::Services::HeatApiCloudwatch
        - OS::TripleO::Services::HeatEngine
        # - OS::TripleO::Services::Horizon                # Remove this service
        - OS::TripleO::Services::IronicApi
        - OS::TripleO::Services::IronicConductor
        - OS::TripleO::Services::Iscsid
        - OS::TripleO::Services::Keepalived
        ...
  4. ~/roles ディレクトリーをソースに使用して、新しい roles_data-horizon.yaml ファイルを生成します。

    $ openstack overcloud roles generate -o roles_data-horizon.yaml \
      --roles-path ~/roles \
      Controller Compute Horizon
  5. 特定のノードにタグ付けできるように、このロールの新しいフレーバーを定義します。この例では、以下のコマンドを使用して horizon フレーバーを作成します。

    1. horizon フレーバーを作成します。

      (undercloud)$ openstack flavor create --id auto --ram 6144 --disk 40 --vcpus 4 horizon
      注記

      これらのプロパティーはインスタンスのスケジューリングには使用されませんが、Compute スケジューラーはディスクサイズを使用してルートパーティションサイズを決定します。

    2. ダッシュボードサービス (horizon) 用に指定する各ベアメタルノードに、カスタムリソースクラスでタグを付けます。

      (undercloud)$ openstack baremetal node set --resource-class baremetal.HORIZON <NODE>

      <NODE> をベアメタルノードの ID に置き換えます。

    3. Horizon フレーバーをカスタムリソースクラスに関連付けます。

      (undercloud)$ openstack flavor set --property resources:CUSTOM_BAREMETAL_HORIZON=1 horizon

      ベアメタルノードのリソースクラスに対応するカスタムリソースクラスの名前を指定するには、リソースクラスを大文字に変換し、句読点をアンダースコアに置き換え、CUSTOM_ が付いた値の接頭辞を追加します。

      注記

      フレーバーが要求できるのは、ベアメタルリソースクラスの 1 つのインスタンスだけです。

    4. 以下のフレーバー属性を設定して、Compute スケジューラーがインスタンスのスケジューリングにベアメタルフレーバー属性を使用するのを防ぎます。

      (undercloud)$ openstack flavor set --property resources:VCPU=0 --property resources:MEMORY_MB=0 --property resources:DISK_GB=0 horizon
  6. 以下の環境ファイルのスニペットを使用して、Horizon ノードの数とフレーバーを定義します。

    parameter_defaults:
      OvercloudHorizonFlavor: horizon
      HorizonCount: 1
  7. ご自分のデプロイメントに該当するその他の環境ファイルと共に、新しい roles_data-horizon.yaml ファイルおよび環境ファイルを openstack overcloud deploy コマンドに追加します。

    $ openstack overcloud deploy --templates -r ~/templates/roles_data-horizon.yaml -e ~/templates/node-count-flavor.yaml

    この設定により、コントローラーノードが 1 台、コンピュートノードが 1 台、ネットワーカーノードが 1 台の 3 ノード設定のオーバークラウドが作成されます。オーバークラウドのノードリストを表示するには、以下のコマンドを実行します。

    $ openstack server list
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.