検索

6.7. ガイドラインおよび制限事項

download PDF

コンポーザブルロールのアーキテクチャーには、以下のガイドラインおよび制限事項があることに注意してください。

Pacemaker により管理されないサービスの場合:

  • スタンドアロンのカスタムロールにサービスを割り当てることができます。
  • 初回のデプロイメント後に追加のカスタムロールを作成してそれらをデプロイし、既存のサービスをスケーリングすることができます。

Pacemaker により管理されるサービスの場合:

  • スタンドアロンのカスタムロールに Pacemaker のマネージドサービスを割り当てることができます。
  • Pacemaker のノード数の上限は 16 です。Pacemaker サービス (OS::TripleO::Services::Pacemaker) を 16 のノードに割り当てた場合には、それ以降のノードは、代わりに Pacemaker Remote サービス (OS::TripleO::Services::PacemakerRemote) を使用する必要があります。同じロールで Pacemaker サービスと Pacemaker Remote サービスを割り当てることはできません。
  • Pacemaker のマネージドサービスが割り当てられていないロールには、Pacemaker サービス (OS::TripleO::Services::Pacemaker) を追加しないでください。
  • OS::TripleO::Services::Pacemaker または OS::TripleO::Services::PacemakerRemote のサービスが含まれているカスタムロールはスケールアップまたはスケールダウンできません。

一般的な制限事項

  • メジャーバージョン間のアップグレードプロセス中にカスタムロールとコンポーザブルサービスを変更することはできません。
  • オーバクラウドのデプロイ後には、ロールのサービスリストを変更することはできません。オーバークラウドのデプロイ後にサービスリストを変更すると、デプロイでエラーが発生して、ノード上に孤立したサービスが残ってしまう可能性があります。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.