検索

第24章 完全なディスクイメージの作成

download PDF

メインのオーバークラウドイメージは、パーティション情報またはブートローダーが含まれないフラットパーティションイメージです。director は、ノードをブートする時には別のカーネルおよび ramdisk を使用し、オーバークラウドイメージをディスクに書き込む時に基本的なパーティションレイアウトを作成します。ただし、パーティションレイアウト、ブートローダー、および強化されたセキュリティー機能が含まれる完全なディスクイメージを作成することができます。

重要

以下のプロセスでは、director のイメージビルド機能を使用します。Red Hat では、本項に記載の指針に従うイメージのみをサポートしています。これらとは異なる仕様でビルドされたカスタムイメージはサポートされていません。

24.1. セキュリティー強化手段

完全なディスクイメージには、セキュリティーが重要な機能となる Red Hat OpenStack Platform のデプロイメントに必要な、追加のセキュリティー強化手段が含まれます。

イメージを作成する際のセキュリティーに関する推奨事項

  • /tmp ディレクトリーを別のボリュームまたはパーティションにマウントし、rwnosuidnodevnoexec、および relatime のフラグを付ける。
  • /var/var/log、および /var/log/audit ディレクトリーを別のボリュームまたはパーティションにマウントし、rw および relatime のフラグを付ける。
  • /home ディレクトリーを別のパーティションまたはボリュームにマウントし、rwnodev、および relatime のフラグを付ける。
  • GRUB_CMDLINE_LINUX の設定に以下の変更を加える。

    • 監査を有効にするには、audit=1 カーネルブートフラグを追加します。
    • ブートローダー設定を使用した USB のカーネルサポートを無効にするには、nousb を追加します
    • セキュアでないブートフラグを削除するには、crashkernel=auto を削除します。
  • セキュアでないモジュール (usb-storagecramfsfreevxfsjffs2hfshfsplussquashfsudfvfat) をブラックリストに登録して、読み込まれないようにする。
  • telnet などの安全でないパッケージは、デフォルトでインストールされているため、イメージから削除します。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.