検索

2.7. プロキシーを使用してアンダークラウドを実行する際の考慮事項

download PDF

プロキシーを使用してアンダークラウドを実行する場合は特定の制限があります。Red Hat は、レジストリーおよびパッケージ管理に Red Hat Satellite を使用することを推奨します。

ただし、ご自分の環境でプロキシーを使用している場合は、以下の考慮事項を確認して、Red Hat OpenStack Platform の一部とプロキシーを統合する際のさまざまな設定手法、およびそれぞれの手法の制限事項を十分に理解するようにしてください。

システム全体のプロキシー設定

アンダークラウド上のすべてのネットワークトラフィックに対してプロキシー通信を設定するには、この手法を使用します。プロキシー設定を定義するには、/etc/environment ファイルを編集して以下の環境変数を設定します。

http_proxy
標準の HTTP リクエストに使用するプロキシー
https_proxy
HTTPs リクエストに使用するプロキシー
no_proxy
プロキシー通信から除外するドメインのコンマ区切りリスト

システム全体のプロキシー手法には、以下の制限事項があります。

  • no_proxy 変数は、主にドメイン名 (www.example.com)、ドメイン接尾辞 (example.com)、およびワイルドカード付きのドメイン (*.example.com) を使用します。ほとんどの Red Hat OpenStack Platform サービスは no_proxy の IP アドレスを解釈しますが、コンテナーのヘルスチェックなどの特定のサービスは、cURL と wget による制限のため no_proxy 環境変数の IP アドレスを解釈しません。アンダークラウドでシステム全体のプロキシーを使用するには、インストール中に undercloud.conf ファイルの container_healthcheck_disabled パラメーターを使用してコンテナーヘルスチェックを無効にします。詳細については、BZ#1837458: Container health checks fail to honor no_proxy CIDR notation を参照してください。
  • pam_env PAM モジュールのバッファーが固定されているため、no_proxy の最大長は 1024 文字です。
  • 一部のコンテナーでは、/etc/environments の環境変数が正しくバインドおよび解析されないため、これらのサービスの実行時に問題が発生します。詳細については、BZ#1916070: proxy configuration updates in /etc/environment files are not being picked up in containers correctly および BZ#1918408: mistral_executor container fails to properly set no_proxy environment parameter を参照してください。

dnf プロキシー設定

すべてのトラフィックがプロキシーを通過するように dnf を設定するには、この手法を使用します。プロキシー設定を定義するには、/etc/dnf/dnf.conf ファイルを編集して以下のパラメーターを設定します。

proxy
プロキシーサーバーの URL
proxy_username
プロキシーサーバーへの接続に使用するユーザー名
proxy_password
プロキシーサーバーへの接続に使用するパスワード
proxy_auth_method
プロキシーサーバーが使用する認証方法

これらのオプションの詳細については、man dnf.conf を実行してください。

dnf プロキシー手法には、以下の制限事項があります。

  • この手法では、dnf に対してのみプロキシーがサポートされます。
  • dnf プロキシー手法には、特定のホストをプロキシー通信から除外するオプションは含まれていません。

Red Hat Subscription Manager プロキシー

すべてのトラフィックがプロキシーを通過するように Red Hat Subscription Manager を設定するには、この手法を使用します。プロキシー設定を定義するには、/etc/rhsm/rhsm.conf ファイルを編集して以下のパラメーターを設定します。

proxy_hostname
プロキシーのホスト
proxy_scheme
プロキシーをリポジトリー定義に書き出す際のプロキシーのスキーム
proxy_port
プロキシーのポート
proxy_username
プロキシーサーバーへの接続に使用するユーザー名
proxy_password
プロキシーサーバーへの接続に使用するパスワード
no_proxy
プロキシー通信から除外する特定ホストのホスト名接尾辞のコンマ区切りリスト

これらのオプションの詳細については、man rhsm.conf を実行してください。

Red Hat Subscription Manager プロキシー手法には、以下の制限事項があります。

  • この手法では、Red Hat Subscription Manager に対してのみプロキシーがサポートされます。
  • Red Hat Subscription Manager プロキシー設定の値は、システム全体の環境変数に設定されたすべての値をオーバーライドします。

透過プロキシー

アプリケーション層のトラフィックを管理するのにネットワークで透過プロキシーが使用される場合は、プロキシー管理が自動的に行われるため、アンダークラウド自体をプロキシーと対話するように設定する必要はありません。透過プロキシーは、Red Hat OpenStack Platform のクライアントベースのプロキシー設定に関連する制限に対処するのに役立ちます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.