検索

11.5. デフォルトのプロバイダーネットワークの作成

download PDF

プロバイダーネットワークは別の種別の External ネットワーク接続で、トラフィックをプライベート Tenant ネットワークから External インフラストラクチャーネットワークにルーティングします。プロバイダーネットワークは Floating IP ネットワークと類似していますが、プライベートネットワークをプロバイダーネットワークに接続するのに、論理ルーターが使用されます。

ここでは、2 つの手順例を示します。実際の環境に最も適した例を使用してください。

  • ネイティブ VLAN (フラットネットワーク)
  • 非ネイティブ VLAN (VLAN ネットワーク)

デフォルトでは、OpenStack Networking (neutron) は、datacentre という物理ネットワーク名をホストノード上の br-ex ブリッジにマッピングします。public オーバークラウドネットワークを物理ネットワーク datacentre に接続し、これにより br-ex ブリッジを通じてゲートウェイが提供されます。

手順

  1. source コマンドで overcloudrc ファイルを読み込みます。

    $ source ~/overcloudrc
  2. provider ネットワークを作成します。

    • ネイティブ VLAN 接続用に flat ネットワークを作成します。

      (overcloud) $ openstack network create provider --external --provider-network-type flat --provider-physical-network datacentre --share
    • 非ネイティブ VLAN 接続用に vlan ネットワークを作成します。

      (overcloud) $ openstack network create provider --external --provider-network-type vlan --provider-physical-network datacentre --provider-segment 201 --share

      --provider-segment オプションを使用して、使用する VLAN を定義します。この例では、VLAN は 201 です。

    例に示すこれらのコマンドにより、共有ネットワークが作成されます。テナントだけが新しいネットワークにアクセスするように、--share を指定する代わりにテナントを指定することも可能です。

    プロバイダーネットワークを外部としてマークした場合には、そのネットワークでポートを作成できるのはオペレーターのみとなります。

  3. provider ネットワークにサブネットを追加して、DHCP サービスを提供します。

    (overcloud) $ openstack subnet create provider-subnet --network  provider --dhcp --allocation-pool start=10.9.101.50,end=10.9.101.100 --gateway 10.9.101.254 --subnet-range 10.9.101.0/24
  4. 他のネットワークがプロバイダーネットワークを通じてトラフィックをルーティングできるように、ルーターを作成します。

    (overcloud) $ openstack router create external
  5. ルーターの外部ゲートウェイを provider ネットワークに設定します。

    (overcloud) $ openstack router set --external-gateway provider external
  6. このルーターに他のネットワークを接続します。たとえば、以下のコマンドを実行してサブネット subnet1 をルーターに割り当てます。

    (overcloud) $ openstack router add subnet external subnet1

    このコマンドにより、subnet1 がルーティングテーブルに追加され、subnet1 を使用する仮想マシンからのトラフィックをプロバイダーネットワークにルーティングできるようになります。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.