検索

4.8. director のインストール

download PDF

director をインストールして基本的なインストール後タスクを行うには、以下の手順を実施します。

手順

  1. 以下のコマンドを実行して、アンダークラウドに director をインストールします。

    [stack@director ~]$ openstack undercloud install

    このコマンドにより、director の設定スクリプトが起動します。director は追加のパッケージをインストールし、undercloud.conf の設定に従ってサービスを設定し、すべての RHOSP サービスコンテナーを起動します。このスクリプトは、完了までに数分かかります。

    スクリプトにより、2 つのファイルが生成されます。

    • undercloud-passwords.conf: director サービスの全パスワードリスト
    • stackrc: director コマンドラインツールへアクセスできるようにする初期化変数セット
  2. RHOSP サービスコンテナーが実行中であることを確認します。

    [stack@director ~]$ sudo podman ps -a --format "{{.Names}} {{.Status}}"

    次のコマンド出力は、RHOSP サービスコンテナーが実行中 (Up) であることを示しています。

    memcached Up 3 hours (healthy)
    haproxy Up 3 hours
    rabbitmq Up 3 hours (healthy)
    mysql Up 3 hours (healthy)
    iscsid Up 3 hours (healthy)
    keystone Up 3 hours (healthy)
    keystone_cron Up 3 hours (healthy)
    neutron_api Up 3 hours (healthy)
    logrotate_crond Up 3 hours (healthy)
    neutron_dhcp Up 3 hours (healthy)
    neutron_l3_agent Up 3 hours (healthy)
    neutron_ovs_agent Up 3 hours (healthy)
    ironic_api Up 3 hours (healthy)
    ironic_conductor Up 3 hours (healthy)
    ironic_neutron_agent Up 3 hours (healthy)
    ironic_pxe_tftp Up 3 hours (healthy)
    ironic_pxe_http Up 3 hours (unhealthy)
    ironic_inspector Up 3 hours (healthy)
    ironic_inspector_dnsmasq Up 3 hours (healthy)
    neutron-dnsmasq-qdhcp-30d628e6-45e6-499d-8003-28c0bc066487 Up 3 hours
    ...
  3. stack ユーザーを初期化してコマンドラインツールを使用するには、以下のコマンドを実行します。

    [stack@director ~]$ source ~/stackrc

    プロンプトには、OpenStack コマンドがアンダークラウドに対して認証および実行されることが表示されるようになります。

    (undercloud) [stack@director ~]$

director のインストールが完了しました。これで、director コマンドラインツールが使用できるようになりました。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.