検索

8.3. ベアメタルノードのプロビジョニング

download PDF

新しい YAML ファイル ~/overcloud-baremetal-deploy.yaml を作成し、デプロイするベアメタルノードの数と属性を定義して、これらのノードにオーバークラウドロールを割り当てます。プロビジョニングプロセスにより heat 環境ファイルが作成され、そのファイルを openstack overcloud deploy コマンドに追加することができます。

前提条件

手順

  1. source コマンドで stackrc アンダークラウド認証情報ファイルを読み込みます。

    $ source ~/stackrc
  2. 新しい ~/overcloud-baremetal-deploy.yaml ファイルを作成し、プロビジョニングする各ロールのノード数を定義します。たとえば、コントローラーノード 3 つとコンピュートノード 3 つをプロビジョニングするには、以下の構文を使用します。

    - name: Controller
      count: 3
    - name: Compute
      count: 3
  3. ~/overcloud-baremetal-deploy.yaml ファイルで、予測可能なノード配置、カスタムイメージ、カスタム NIC、またはノードに割り当てるその他の属性を定義します。たとえば、以下の例の構文を使用すると、3 つのコントローラーノードがノード node00node01、および node02 に、3 つのコンピュートノードがノード node04node05、および node06 に、それぞれプロビジョニングされます。

    - name: Controller
      count: 3
      instances:
      - hostname: overcloud-controller-0
        name: node00
      - hostname: overcloud-controller-1
        name: node01
      - hostname: overcloud-controller-2
        name: node02
    - name: Compute
      count: 3
      instances:
      - hostname: overcloud-novacompute-0
        name: node04
      - hostname: overcloud-novacompute-1
        name: node05
      - hostname: overcloud-novacompute-2
        name: node06

    デフォルトでは、プロビジョニングプロセスには overcloud-full イメージが使用されます。instances パラメーターで image 属性を使用して、カスタムイメージを定義することができます。

    - name: Controller
      count: 3
      instances:
      - hostname: overcloud-controller-0
        name: node00
        image:
          href: overcloud-custom

    ノードエントリーごとに手動でノードを定義するのを避けるために、defaults パラメーターでデフォルトのパラメーター値を上書きすることもできます。

    - name: Controller
      count: 3
      defaults:
        image:
          href: overcloud-custom
      instances:
      - hostname :overcloud-controller-0
        name: node00
      - hostname: overcloud-controller-1
        name: node01
      - hostname: overcloud-controller-2
        name: node02

    ノード定義ファイルで使用できるパラメーター、属性、および値の詳細は、Bare metal node provisioning attributes を参照してください。

  4. ~/overcloud-baremetal-deploy.yaml ファイルを指定し、--output オプションで出力ファイルを定義して、プロビジョニングコマンドを実行します。

    (undercloud)$ openstack overcloud node provision \
    --stack stack \
    --output ~/overcloud-baremetal-deployed.yaml \
    ~/overcloud-baremetal-deploy.yaml

    プロビジョニングプロセスにより、--output オプションで指定する名前の heat 環境ファイルが生成されます。このファイルには、ノード定義が含まれます。オーバークラウドをデプロイする際に、このファイルをデプロイメントコマンドに追加します。

  5. 別のターミナルでノードをモニタリングし、プロビジョニングが正常に行われていることを確認します。プロビジョニングプロセスでは、ノードの状態が available から active に変わります。

    (undercloud)$ watch openstack baremetal node list

    metalsmith ツールを使用して、割り当てや neutron ポートなどを含むノードの統合ビューを取得します。

    (undercloud)$ metalsmith list

    openstack baremetal allocation コマンドを使用して、ノードのホスト名への関連付けを確認することもできます。

    (undercloud)$ openstack baremetal allocation list

ノードが正常にプロビジョニングされると、オーバークラウドをデプロイすることができます。詳細は、Configuring a basic overcloud with pre-provisioned nodes を参照してください。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.