検索

4.13. アンダークラウドのコンテナーレジストリー

download PDF

Red Hat Enterprise Linux 8.2 には、Docker Registry v2 をインストールするための docker-distribution パッケージが含まれなくなりました。互換性および同じ機能レベルを維持するために、director のインストールでは Apache Web サーバーおよび image-serve という仮想ホストが作成され、これによりレジストリーが提供されます。このレジストリーでも、SSL を無効にしたポート 8787/TCP が使用されます。Apache ベースのレジストリーはコンテナー化されていません。したがって、以下のコマンドを実行してレジストリーを再起動する必要があります。

$ sudo systemctl restart httpd

コンテナーレジストリーのログは、以下の場所に保存されます。

  • /var/log/httpd/image_serve_access.log
  • /var/log/httpd/image_serve_error.log.

イメージのコンテンツは、/var/lib/image-serve から提供されます。この場所では、レジストリー REST API のプル機能を実装するために、特定のディレクトリーレイアウトおよび apache 設定が使用されています。

Apache ベースのレジストリーでは、podman push コマンドも buildah push コマンドもサポートされません。つまり、従来の方法を使用してコンテナーイメージをプッシュすることはできません。デプロイ中にイメージを変更するには、ContainerImagePrepare パラメーターなどのコンテナー準備ワークフローを使用します。コンテナーイメージを管理するには、コンテナー管理コマンドを使用します。

openstack tripleo container image list
レジストリーに保存されているすべてのイメージをリスト表示します。
openstack tripleo container image show
レジストリーの特定イメージのメタデータを表示します。
openstack tripleo container image push
イメージをリモートレジストリーからアンダークラウドレジストリーにプッシュします。
openstack tripleo container image delete
レジストリーからイメージを削除します。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.