検索

8.7. OVS-DPDK 用のフレーバーの作成とインスタンスのデプロイ

download PDF

NFV を実装する Red Hat OpenStack Platform デプロイメント向けに OVS-DPDK を設定したら、以下の手順に従ってフレーバーを作成してインスタンスをデプロイすることができます。

  1. OVS-DPDK 用のアグリゲートグループを作成し、適切なホストを追加します。定義するフレーバーメタデータに一致するメタデータを定義します (例: dpdk=true)。

     # openstack aggregate create dpdk_group
     # openstack aggregate add host dpdk_group [compute-host]
     # openstack aggregate set --property dpdk=true dpdk_group
    注記

    CPU ピニングを設定したインスタンスと設定していないインスタンスを、同じ Compute ノードに配置することができます。詳細は、インスタンス作成のための Compute サービスの設定コンピュートノードでの CPU ピニングの設定 を参照してください。

  2. フレーバーを作成します。

    # openstack flavor create <flavor> --ram <MB> --disk <GB> --vcpus <#>
  3. フレーバーの属性を設定します。定義したメタデータ (dpdk=true) と DPDK アグリゲートで定義したメタデータが一致している点に注意してください。

    # openstack flavor set <flavor> --property dpdk=true --property hw:cpu_policy=dedicated --property hw:mem_page_size=1GB --property hw:emulator_threads_policy=isolate

    パフォーマンス向上のためのエミュレータースレッドポリシーの詳細は、専用の物理 CPU で実行されるエミュレータースレッドの設定 を参照してください。

  4. ネットワークを作成します。

    # openstack network create net1 --provider-physical-network tenant --provider-network-type vlan --provider-segment <VLAN-ID>
    # openstack subnet create subnet1 --network net1 --subnet-range 192.0.2.0/24 --dhcp
  5. オプション: OVS-DPDK と共にマルチキューを使用する場合、インスタンスの作成に使用するイメージで hw_vif_multiqueue_enabled 属性を設定します。

    # openstack image set --property hw_vif_multiqueue_enabled=true <image>
  6. インスタンスをデプロイします。

    # openstack server create --flavor <flavor> --image <glance image> --nic net-id=<network ID> <server_name>
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.