検索

6.9. SR-IOV 用インスタンスのデプロイ

download PDF

ホストアグリゲートを使用して、ハイパフォーマンス Compute ホストを分離します。ホストアグリゲートの作成およびスケジューリング用の関連フレーバーについての情報は、ホストアグリゲートの作成 を参照してください。

注記

CPU ピニングを設定したインスタンスと設定していないインスタンスを、同じコンピュートノードに配置することができます。詳細は、インスタンス作成のための Compute サービスの設定コンピュートノードでの CPU ピニングの設定 を参照してください。

以下の手順を実施して、Single Root I/O Virtualization (SR-IOV) 用インスタンスをデプロイします。

  1. フレーバーを作成します。

    # openstack flavor create <flavor> --ram <MB> --disk <GB> --vcpus <#>
    ヒント

    フレーバーに追加スペック hw:pci_numa_affinity_policy を追加して、PCI パススルーデバイスおよび SR-IOV インターフェイスの NUMA アフィニティーポリシーを指定することができます。詳細は、Configuring the Compute Service for Instance CreationFlavor metadata を参照してください。

  2. ネットワークを作成します。

    # openstack network create net1 --provider-physical-network tenant --provider-network-type vlan --provider-segment <VLAN-ID>
    # openstack subnet create subnet1 --network net1 --subnet-range 192.0.2.0/24 --dhcp
  3. ポートを作成します。

    • SR-IOV Virtual Function (VF) ポートを作成するには、vnic-type に direct を使用します。

      # openstack port create --network net1 --vnic-type direct sriov_port
    • ハードウェアオフロードを有効にして Virtual Function を作成するには、以下のコマンドを使用します。

      # openstack port create --network net1 --vnic-type direct --binding-profile '{"capabilities": ["switchdev"]} sriov_hwoffload_port
    • vnic-type に direct-physical を使用して、単一のインスタンス専用の SR-IOV Physical Function (PF) ポートを作成します。この PF ポートは Networking サービス (neutron) ポートですが、Networking サービスによって制御されておらず、インスタンスにパススルーされる PCI デバイスであるため、ネットワークアダプターとして表示されません。

      # openstack port create --network net1 --vnic-type direct-physical sriov_port
  4. インスタンスをデプロイします。

    # openstack server create --flavor <flavor> --image <image> --nic port-id=<id> <instance name>
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.