検索

6.5. OVS ハードウェアオフロードの調整例

download PDF

最適なパフォーマンスを得るには、追加の設定手順を完了する必要があります。

パフォーマンスを向上させるための、各ネットワークインターフェイスチャンネル数の調整

チャンネルには、割り込み要求 (IRQ) および IRQ のトリガーとなるキューのセットが含まれます。mlx5_core ドライバーを switchdev モードに設定すると、mlx5_core ドライバーはデフォルトである 単一の結合チャンネルに設定されます。この設定では、最適なパフォーマンスを得られない可能性があります。

手順

  • PF レプリゼンターで以下のコマンドを入力し、ホストが利用可能な CPU 数を調整します。$(nproc) を利用可能にする CPU 数に置き換えます。

    $ sudo ethtool -L enp3s0f0 combined $(nproc)

CPU ピニング

NUMA をまたがる操作によりパフォーマンスが低下するのを防ぐためには、NIC、そのアプリケーション、VF ゲスト、および OVS を同じ NUMA ノード内に配置します。詳細は、インスタンス作成のための Compute サービスの設定コンピュートノードでの CPU ピニングの設定 を参照してください。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.