検索

3.9. Red Hat OpenStack Platform 16.1.8 メンテナンスリリース (2022 年 3 月 23 日)

download PDF

本リリースノートには主に、今回リリースされた Red Hat OpenStack Platform のデプロイメント時に考慮すべきテクノロジープレビューの項目、推奨事項、既知の問題、非推奨になった機能について記載します。

3.9.1. アドバイザリーの一覧

本リリースには、以下のアドバイザリーが含まれています。

RHSA-2022:0982
重要: Red Hat OpenStack Platform 16.1 (python-twisted) に関するセキュリティー更新
RHSA-2022:0983
中程度: Red Hat OpenStack Platform 16.1 (openstack-nova) に関するセキュリティー更新
RHSA-2022:0984
Red Hat OpenStack Platform 16.1.8 director イメージのバグ修正アドバイザリー
RHSA-2022:0985
Red Hat OpenStack Platform 16.1.8 コンテナーのバグ修正アドバイザリー
RHSA-2022:0987
中程度: Red Hat OpenStack Platform 16.1 (numpy) に関するセキュリティー更新
RHSA-2022:0986
Red Hat OpenStack Platform 16.1.8 のバグ修正および機能拡張アドバイザリー
RHSA-2022:0988
中程度: Red Hat Open Stack Platform 16.1 (golang-github-vbatts-tar-split) に関するセキュリティー更新
RHSA-2022:0989
中程度: Red Hat OpenStack Platform 16.1 (golang-qpid-apache) に関するセキュリティー更新
RHSA-2022:0990
中程度: Red Hat OpenStack Platform 16.1 (openstack-neutron) に関するセキュリティー更新

3.9.2. バグ修正

以下のバグは、Red Hat OpenStack Platform の本リリースで修正されています。

(BZ#2098594)
今回の更新前は、スナップショットのサポートが無効になっていると、エラー状態のスナップショットを削除しようとする試みが OpenStack NFS ドライバーによってブロックされていました。スナップショットのサポートが無効になっていると、新規または既存のスナップショットはエラー状態になりますが、ユーザーはこれらの失敗したスナップショットを削除できませんでした。今回の更新により、ユーザーはエラー状態の NFS スナップショットを削除できるようになりました。
BZ#1815305

今回の更新以前は、IPv6 内部 API ネットワークを使用した DCN と HCI の組み合わせのデプロイメントでは、Block Storage サービス (cinder) および etcd サービスは不適切な etcd URI で設定され、Block Storage サービスおよび etcd サービスが起動時に失敗していました。

今回の更新により、etcd URI の IPv6 アドレスが正しくなり、Block Storage サービスおよび etcd サービスが正常に起動するようになりました。

BZ#1910939

今回の更新により、Telemetry ヘルスチェックがより堅牢になり、ヘルスチェックの解析方法が簡素化されました。

ヘルスチェックを直接実行するときに冗長モードを取得するには、sudo podman -u root -e "HEALTHCHECK_DEBUG=1" <container> /openstack/healthcheck コマンドを実行します

BZ#1960639

この更新の前に、OpenStack Storage サービス (cinder) GPFS SpectrumScale ドライバーは、ストレージバックエンドがコピーオンライト (COW) モードをサポートしているかどうかを正しく検出しませんでした。その結果、ドライバーは、イメージからボリュームを迅速に作成する機能などの COW 機能を無効にします。これにより、イメージから複数のインスタンスを同時に起動すると、一部のインスタンスがタイムアウトする可能性があります。

今回の更新により、GPFS SpectrumScale ドライバーは、ストレージバックエンドの COW サポートを適切に検出します。

BZ#1987957
この更新の前に、PowerMax ドライバーは、以前に作成されたレガシーボリュームでは機能しない共有ボリューム接続に関する情報を保存および維持するメカニズムを使用していました。これにより、PowerMax 移行コードが導入される前に作成されたボリュームのライブマイグレーションが失敗しました。現在、PowerMax ライブマイグレーションコードは、ライブマイグレーションが失敗しないようにレガシーボリュームで動作するように更新されています。
BZ#1992159

この更新以前は、PowerMaxOS 5978.711 でスナップショットを作成すると、REST でペイロード応答が変更され、デバイスラベルの形式が変更されました。ソリューションイネーブラーからの基になるデータが変更され、コロン文字 (:) が含まれなくなりました。これにより、PowerMax ドライバーで IndexError 例外が発生します。

IndexError: list index out of range

今回の更新で、この問題は PowerMaxOS 5978.711 以降で解決されています。

BZ#1999634
この更新では、出力が 1000 行を超えたときに、openstack volume backup list コマンドの出力から詳細が省略されていたバグが修正されています。
BZ#1999901
今回の更新により、Horizon 言語が日本語に設定されているときにパスワードが変更すると、Horizon がクラッシュする原因となっていた Unicode エスケープのバグが修正されます。パスワードを変更しても、Horizon がクラッシュしなくなりました。
BZ#2023413
この更新の前に、os-brick には [global] セクションが含まれていませんでした。これは、Octopus (リリース 15.2.0 以降) の要件である、一時設定ファイルに設定するオプションを含めるためのものです。その結果、os-brick と Ceph Octopus 以降のクライアントを使用すると、接続情報が見つからず、Ceph Storage バックエンドへの接続を確立できませんでした。現在、接続オプションは一時設定ファイルの '[global]' セクションに含まれています。この修正は、Ceph の Hammer リリース (0.94.0+) と下位互換性があります。
BZ#2029608
この更新により、Cinder powermax_port_groups パラメーターの適切な使用を妨げていたエラーが修正されます。

3.9.3. 機能強化

Red Hat OpenStack Platform の今回のリリースでは、以下の機能拡張が提供されています。

BZ#1939964

実験的な rsyslog reopenOnTruncate を有効にして、ファイルでログローテーションが発生したときに rsyslog がすぐに認識できるようにします。この設定は、rsyslog と連携するように設定されたすべてのサービスに影響します。

rsyslog reopenOnTruncate が無効になっていると、rsyslog はログファイルが元の容量までいっぱいになるのを待ってから、追加のログを使用します。

BZ#1949168

この機能強化により、metrics_qdr サービスを新しい AMQ Interconnect リリースに更新するための環境が準備されます。これには、Service Telemetry Framework (STF) デプロイメントからの CA 証明書の内容のインポートが必要です。metrics_qdr サービスが更新されていないため、Red Hat OpenStack Service Platform (RHOSP) をデプロイまたは更新する場合、管理者はまだ変更を必要としません。この機能は、将来のリリースでの metrics_qdr サービスの更新に備えています。

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=1949169 が出荷されたら、次の手順が必要になります。

今回の更新では、新しいオーケストレーションサービス (heat) パラメーター MetricsQdrSSLProfiles を提供することで、この問題を修正します。

Red Hat OpenShift TLS 証明書を取得するには、次のコマンドを実行します。

$ oc get secrets
$ oc get secret/default-interconnect-selfsigned -o jsonpath='{.data.ca\.crt}' | base64 -d

Red Hat OpenShift TLS 証明書の内容を含む MetricsQdrSSLProfiles パラメーターをカスタム環境ファイルに追加します。

MetricsQdrSSLProfiles:
    -   name: sslProfile
        caCertFileContent: |
           -----BEGIN CERTIFICATE-----
           ...
           TOpbgNlPcz0sIoNK3Be0jUcYHVMPKGMR2kk=
           -----END CERTIFICATE-----

次に、openstack overcloud deploy コマンドを使用してオーバークラウドを再デプロイします。

BZ#1969999

今回の更新により、ML2/OVS デプロイメントのハードウェアオフロードポートに QoS の最大帯域幅制限、出力方向ルールを設定できるようになりました。通常の QoS ポリシー/ルールメソッドを使用してポリシーを設定します。

バックエンドは、通常の OVS QoS エンジンではなくポリシーを適用するために ip link コマンドを使用します。これは、OVS meter アクションをオフロードできないためです。meter アクションがオフロードではない を参照してください。

BZ#1984873
今回の更新で LeapActorsToRemove heat パラメーターが導入され、特定のアクターがアップグレードを禁止した場合に、leap プロセスから特定のアクターを削除できるようになりました。LeapActorsToRemove heat パラメーターは、柔軟性のためにロール固有です。
BZ#1992622
この機能により、Red Hat OpenStack Platform 16.1 が外部の Red Hat Ceph Storage バージョン 5 クラスターを使用できるようになります。
BZ#2052411
このリリースの時点で、Red Hat がサポートする OVN の更新方法は、アップストリームの OVN アップグレード手順に合わせられています。

3.9.4. リリースノート

本項では、Red Hat OpenStack Platform の注目すべき変更点や推奨プラクティスなど、今回のリリースに関する重要な情報を記載しています。お使いのデプロイメントに最大限の効果をもたらすために、以下の情報を考慮する必要があります。

BZ#1984095
今回の更新により、CollectdContainerAdditionalCapAdd 変数がデプロイツールに追加されました。この変数は、追加の collectd コンテナー機能のコンマ区切りリストです。

3.9.5. 既知の問題

現時点における Red Hat OpenStack Platform の既知の問題は以下のとおりです。

(BZ#2098594)

既知の問題により、RHOSP 16.1.8 への更新後に Neutron の起動に失敗します。その後、Neutron を起動すると、OVN データベースが不安定になります。

RHOSP 16.1.9 では修正が予定されています。Red Hat は、可能であれば 16.1.9 に直接更新するまで待つことを推奨します。

16.1.8 のホットフィックスを利用できます。RHOSP 16.1.8 に緊急に更新する必要がある場合は、Red Hat グローバルサポートサービスに連絡して、環境がホットフィックスと互換性があるかどうかを確認してください。

この問題を追跡するには、https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=2125824 を参照してください。

3.9.6. 削除された機能

BZ#1996865

このリリースより前は、dpdk-telemetry プラグインがインストールされていないにもかかわらず、dpdk-telemetry collectd 設定ファイルが自動的に作成されていたため、collectd コンテナーはコンピュートノードで開始できませんでした。

このリリースの時点で、dpdk_telemetry 設定ファイルが collectd コンテナーから削除されています。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.