検索

8.5. コンテナー化されたサービスに一時的な変更を加える

download PDF

コンテナーが再起動されても維持されるが、Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) クラスターの永続的な設定には影響しない、コンテナー化されたサービスに変更を加えることができます。これは、設定の変更をテストしたり、トラブルシューティング時にデバッグレベルのログを有効にしたりするのに役立ちます。変更を手動で元に戻すことができます。または、RHOSP クラスターで再デプロイを実行すると、すべてのパラメーターが永続的な設定にリセットされます。

/var/lib/config-data/puppet-generated/service にある設定ファイルを使用して、サービスに一時的な変更を加えます。次の例では、nova サービスでデバッグを有効にします。

手順

  1. nova_compute コンテナーにバインドマウントされている nova.conf 設定ファイルを編集します。debug パラメーターの値を True に設定します。

    $ sudo sed -i 's/^debug=.*/debug=True' \
    /var/lib/config-data/puppet-generated/nova/etc/nova/nova.conf
    警告

    OpenStack ファイルの設定ファイルは、DEFAULT[database] などの複数のセクションを持つ ini ファイルです。各セクションに固有のパラメーターは、ファイル全体で固有ではない場合があります。sed は慎重に使用してください。egrep -v "^$|^#" [configuration_file] | grep [parameter] を実行して、parameter が設定ファイルに複数回出現するかどうかを確認できます。

  2. nova コンテナーを再起動します。

    sudo podman restart nova_compute
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.