検索

11.3. ボリュームの接続

download PDF

ブロックストレージデバイスを消去する方法は複数あります。従来の方法として、lvm_type を thin に設定し、続いて volume_clear パラメーターを使用します。または、ボリュームの暗号化機能があれば、ボリュームの暗号化キーが削除される場合にボリュームのワイプは必要ありません。

注記

以前のバージョンでは、lvm_type=default は wipe を示すために使用されていました。この手法は依然として機能しますが、secure delete の設定に lvm_type=default は推奨されません。

volume_clear パラメーターは、zero または shred のいずれかを引数として受け入れることができます。zero は、デバイスにゼロのパスを 1 つ書き込みます。shred 操作は、事前に決定したビットパターンの 3 つを書き込みます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.