検索

Migrating the Networking Service to the ML2/OVN Mechanism Driver

download PDF
Red Hat OpenStack Platform 16.2

Networking サービス (neutron) を ML2/OVS メカニズムドライバーから ML2/OVN メカニズムドライバーに移行します。

OpenStack Documentation Team

概要

これは、Open vSwitch メカニズムドライバーを備えた Modular Layer 2 プラグインから、Open Virtual Networking を備えた Modular Layer 2 プラグインに、Red Hat OpenStack Platform Networking サービス (neutron) を移行するためのガイドです。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。まずは、マスター (master)、スレーブ (slave)、ブラックリスト (blacklist)、ホワイトリスト (whitelist) の 4 つの用語の置き換えから始めます。この取り組みは膨大な作業を要するため、今後の複数のリリースで段階的に用語の置き換えを実施して参ります。詳細は、Red Hat CTO である Chris Wright のメッセージ をご覧ください。

Red Hat ドキュメントへのフィードバック (英語のみ)

Red Hat ドキュメントに対するご意見をお聞かせください。ドキュメントの改善点があればお知らせください。

Jira でドキュメントのフィードバックを提供する

ドキュメントに関するフィードバックを提供するには、Create Issue フォームを使用します。Red Hat OpenStack Platform Jira プロジェクトで Jira Issue が作成され、フィードバックの進行状況を追跡できます。

  1. Jira にログインしていることを確認してください。Jira アカウントをお持ちでない場合は、アカウントを作成してフィードバックを送信してください。
  2. Create Issue をクリックして、Create Issue ページを開きます。
  3. Summary フィールドと Description フィールドに入力します。Description フィールドに、ドキュメントの URL、章またはセクション番号、および問題の詳しい説明を入力します。フォーム内の他のフィールドは変更しないでください。
  4. Create をクリックします。

第1章 OVS から OVN への ML2 メカニズムドライバーの移行計画

注記

Red Hat では、OVS メカニズムドライバーから OVN メカニズムドライバーに移行する前に、RHOSP 16.2 から RHOSP 17.1 にアップグレードすることを強く推奨します。

RHOSP 17.1 は、ほとんどの場合、移行のためのより優れたベースラインを提供します。たとえば、RHOSP 16.2 では、トランクポートまたは iptables ハイブリッドファイアウォールを備えた OVS メカニズムドライバーから OVN メカニズムドライバーに移行することはできません。RHOSP 17.1 では、以下ができます。

さらに、RHOSP 17.1 バージョンの OVN 移行ツールには、移行ツール 16.2 バージョンでは利用できないいくつかの改善点があります。たとえば、RHOSP 17.1 移行ツールには、移行中に障害が発生した場合に OVS メカニズムドライバーに戻す機能が備わっています。

RHOSP 15.0 以降のすべての新規デプロイメントについて、Red Hat では ML2/OVN をデフォルトのメカニズムドライバーとして選択しました。これは、今日のほとんどのお客様にとって ML2/OVS メカニズムドライバー以上のメリットが即座に得られるためです。継続して ML2/OVN 機能セットの拡張および改善を行っているため、これらのメリットはリリースと共に拡大します。

ML2/OVS メカニズムドライバーは、RHOSP 17.0 で非推奨になりました。いくつかのリリースで、Red Hat は ML2/OVS を ML2/OVN に置き換えています。

非推奨の ML2/OVS メカニズムドライバーは、RHOSP 17 リリースでサポートされます。この間、ML2/OVS ドライバーはメンテナンスモードのままで、バグ修正と通常のサポートを受け、ほとんどの新機能開発は ML2/OVN メカニズムドライバーで行われます。

RHOSP 18.0 では、Red Hat は ML2/OVS メカニズムドライバーを完全に削除し、サポートを停止する予定です。

既存の Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) デプロイメントで ML2/OVS メカニズムドライバーが使用されている場合、ML2/OVS メカニズムドライバーを ML2/OVN メカニズムドライバーに置き換えるメリットおよび現実性の評価を今すぐ開始してください。移行は RHOSP 16.2 でサポートされており、RHOSP 17.1 でもサポートされる予定です。移行ツールの使用は、RHOSP 17.0 でのテスト目的に限定されています。

注記

ML2/OVS から ML2/OVN への移行を試みる前に、プロアクティブケースを作成する必要があります。プロアクティブケースを作成しない場合、Red Hat では移行をサポートしません。How to submit a Proactive Case を参照してください。

この評価の初期段階で、Red Hat Technical Account Manager または Red Hat Global Professional Services との連携を開始してください。移行を選択した場合、Red Hat は必要なプロアクティブケースの作成支援に加えて、以下の基本的な疑問に対する回答や、計画および準備に対するサポートを提供できます。

いつ移行すべきか?
タイミングは、お客様のビジネスニーズや Red Hat による ML2/OVN オファリングに対する継続的な改善のステータスなど、多くの要素に依存します。OVN および OVS メカニズムドライバーでの機能サポート および ML2/OVS から ML2/OVN へのインプレースマイグレーション: 検証済みのシナリオおよび禁止されるシナリオ を参照してください。
インプレースマイグレーションか並列移行か ?

さまざまな要因に応じて、以下の移行の基本アプローチのいずれかを選択できます。

  • 並列移行:ML2/OVN を使用する新しい並列デプロイメントを作成し、運用をそのデプロイメントに移動します。
  • インプレースマイグレーション:このドキュメントで説明しているように、ovn-migration.sh スクリプトを使用します。Red Hat は、RHOSP director が管理するデプロイメントでのみ ovn_migration.sh スクリプトをサポートする点に注意してください。
警告

ML2/OVS から ML2/OVN に移行すると、環境が変更され、完全には元に戻せなくなる可能性があります。移行が失敗した場合や中断した場合は、OpenStack 環境が動作不能のままになる可能性があります。実稼働環境で移行を行う前に、プロアクティブケースを作成してください。次に、Red Hat Technical Account Manager または Red Hat Global Professional Services と連携してバックアップおよび移行プランを作成し、実稼働環境に極めて近いステージ環境で移行をテストします。

1.1. OVN および OVS メカニズムドライバーでの機能サポート

OVS から OVN メカニズムドライバーへの移行計画の一環として、Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) 機能の可用性を確認します。

機能OVN RHOSP 16.2OVN RHOSP 17.1OVS RHOSP 16.2OVS RHOSP 17.1関連情報

OVN と DHCP の組み合わせでのベアメタルマシンのプロビジョニング

いいえ

いいえ

はい

Yes

OVN 上の組み込み型 DHCP サーバーは、現状ベアメタルノードをプロビジョニングできません。プロビジョニングネットワーク用に、DHCP を提供できません。iPXE のチェーンブートにはタグ付け (dnsmasq の --dhcp-match) が必要ですが、OVN DHCP サーバーではサポートされていません。https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=1622154 を参照してください。

VLAN プロジェクト (テナントネットワーク) の VF (ダイレクト) ポートでのノース/サウスルーティング

いいえ

いいえ

はい

Yes

OVN に関する主な制約。Bug #1875852 を参照してください。

内部 DNS レコードの逆引き DNS

いいえ

はい

はい

Yes

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=2211426 を参照してください。

分離ネットワークの内部 DNS 解決

いいえ

いいえ

はい

Yes

OVN は、DNS サービスにポートを割り当てないため、分離ネットワークの内部 DNS 解決をサポートしません。OVS は dnsmasq を使用するため、これは OVS デプロイメントには影響しません。https://issues.redhat.com/browse/OSP-25661 を参照してください。

セキュリティーグループのロギング

テクノロジープレビュー

Yes

いいえ

いいえ

RHOSP は、OVS メカニズムドライバーを使用したセキュリティーグループのロギングをサポートしません。

ステートレスセキュリティーグループ

いいえ

はい

いいえ

いいえ

セキュリティーグループの設定 を参照してください。

負荷分散サービスの分散仮想ルーティング (DVR)

Yes

はい

いいえ

いいえ

DVR が有効になっている場合でも、OVS メカニズムドライバーは、負荷分散サービストラフィックをコントローラーノードまたはネットワークノード経由でルーティングします。OVN メカニズムドライバーは、負荷分散サービストラフィックをコンピュートノード経由で直接ルーティングします。

IPv6 DVR

Yes

はい

いいえ

いいえ

OVS メカニズムドライバーを使用すると、DVR が有効になっている場合でも、RHOSP は IPv6 トラフィックをコンピュートノードに分散しません。すべての ingress/egress トラフィックは、集中型のコントローラーノードまたはネットワークノードを通過します。IPv6 DVR が必要な場合は、OVN メカニズムドライバーを使用します。

DVR およびレイヤー 3 高可用性 (L3 HA)

Yes

はい

いいえ

いいえ

OVS メカニズムドライバーを使用した RHOSP デプロイメントは、DVR と L3 HA の組み合わせをサポートしません。RHOSP director で DVR を使用する場合、L3 HA は無効になります。これは、Networking サービスが引き続きネットワークノード上のルーターをスケジュールし、L3 エージェント間で負荷分散することを意味します。ただし、1 つのエージェントに障害が発生すると、このエージェントがホストするすべてのルーターにも障害が発生します。この影響を受けるのは SNAT トラフィックだけです。Red Hat は、このような場合に allow_automatic_l3agent_failover 機能を使用することを推奨しています。そうすることで、1 つのネットワークノードに障害が発生してもルーターが別のノードに再スケジュールされます。

1.2. ML2/OVS から ML2/OVN へのインプレースマイグレーション: 検証済みのシナリオおよび禁止されるシナリオ

Red Hat では、インプレースマイグレーションのシナリオを継続的にテストおよび改良しています。Red Hat Technical Account Manager または Global Professional Services と連携して、OVS デプロイメントが有効なインプレースマイグレーションのシナリオの条件を満たしているかどうかを判断します。

1.2.1. 検証済みの ML2/OVS から ML2/OVN への移行シナリオ

DVR から DVR へ

開始時点: RHOSP 16.1.1 以降と OVS および DVR の組み合わせ。

終了時点: 同じ RHOSP バージョンおよびリリースと OVS および DVR の組み合わせ。

SR-IOV は開始環境には存在せず、移行中または移行後に追加されませんでした。

集中ルーティングと SR-IOV および Virtual Function (VF) ポートのみの組み合わせ

開始時点: RHOSP 16.1.1 以降と OVS (DVR なし) および SR-IOV の組み合わせ。

終了時点: 同じ RHOSP バージョンおよびリリースと OVS (DVR なし) および SR-IOV の組み合わせ。

負荷は SR-IOV Virtual Function (VF) ポートだけを使用しました。SR-IOV Physical Function (PF) ポートにより、移行に失敗していました。

1.2.2. 検証されていない ML2/OVS から ML2/OVN へのインプレースマイグレーションのシナリオ

Red Hat から根本の問題が解決されたと通知があるまで、以下のシナリオでは ML2/OVS から ML2/OVN へのインプレースマイグレーションを行うことはできません。

OVS デプロイメントでネットワーク機能仮想化 (NFV) が使用される
Red Hat は ML2/OVN および NFV を使用する新しいデプロイメントをサポートしますが、ML2/OVS および NFV を使用するデプロイメントから ML2/OVN への移行は正常にテストされていません。この問題の進捗を確認するには、Bug 1925290 を参照してください。
SR-IOV と Physical Function (PF) ポートの組み合わせ
いずれの負荷が SR-IOV PF ポートを使用する場合でも、移行テストが失敗しました。この問題の進捗を確認するには、Bug 1879546 を参照してください。
OVS がトランクポートを使用する
ML2/OVS デプロイメントでトランクポートが使用される場合は、ML2/OVS から ML2/OVN への移行を実施しないでください。OVN 環境では、移行によりトランキングされたポートが適切に設定されません。この問題の進捗を確認するには、Bug 1857652 を参照してください。
DVR を使用する VLAN プロジェクト (テナント) ネットワーク
DVR および VLAN プロジェクトネットワークを使用する ML2/OVN の設定に移行しないでください。集中ルーティングを使用する ML2/OVN に移行できます。この問題の進捗を確認するには、Bug 1766930 を参照してください。

1.2.3. ML2/OVS から ML2/OVN へのインプレースマイグレーションおよびセキュリティーグループルール

元の ML2/OVS デプロイメントのカスタムセキュリティーグループルールがターゲットの ML2/OVN デプロイメントと互換性があることを確認します。

たとえば、デフォルトのセキュリティーグループには、DHCP サーバーへの送信を許可するルールが含まれます。ML2/OVS デプロイメントでこれらのルールを削除した場合、ML2/OVS は DHCP サーバーへの送信を許可する暗黙的なルールを自動的に追加します。これらの暗黙的なルールは ML2/OVN ではサポートされません。そのため、ターゲットの ML2/OVN 環境では、DHCP およびメタデータのトラフィックは DHCP サーバーに到達せず、インスタンスは起動しません。この場合、DHCP アクセスを回復するには、以下のルールを追加します。

# Allow VM to contact dhcp server (ipv4)
   openstack security group rule create --egress --ethertype IPv4 --protocol udp --dst-port 67 ${SEC_GROUP_ID}
   # Allow VM to contact metadata server (ipv4)
   openstack security group rule create --egress --ethertype IPv4 --protocol tcp --remote-ip 169.254.169.254 ${SEC_GROUP_ID}


   # Allow VM to contact dhcp server (ipv6, non-slaac). Be aware that the remote-ip may vary depending on your use case!
   openstack security group rule create --egress --ethertype IPv6 --protocol udp --dst-port 547 --remote-ip ff02::1:2 ${SEC_GROUP_ID}
   # Allow VM to contact metadata server (ipv6)
   openstack security group rule create --egress --ethertype IPv6 --protocol tcp --remote-ip fe80::a9fe:a9fe ${SEC_GROUP_ID}

第2章 ML2 メカニズムドライバーを OVS から OVN に移行する

2.1. ML2 メカニズムドライバーを OVS から OVN に移行するための環境の準備

環境の評価と準備は、移行を成功させるために重要です。Red Hat Technical Account Manager または Global Professional Services は、以下の手順での実施を案内します。

前提条件

  • デプロイメントは、最新の RHOSP 16.2 バージョンを使用している。つまり、OpenStack バージョンのアップグレードまたは更新が必要な場合は、まずアップグレードまたは更新を実行し、続いて ML2/OVS から ML2/OVN への移行を実施します。
  • 各サブネットプールで少なくとも 1 つの IP アドレスが使用可能である。

    OVN メカニズムドライバーは、サブネットごとにメタデータポートを作成します。各メタデータポートは、IP アドレスプールから IP アドレスを要求します。

  • Red Hat Technical Account Manager または Global Professional Services と連携して移行を計画し、プロアクティブケースを作成している。How to submit a Proactive Case を参照してください。

手順

  1. ML2/OVN ステージデプロイメントを作成し、ターゲット ML2/OVN デプロイメントのベースライン設定を取得し、ターゲットデプロイメントの実現可能性をテストします。

    計画された移行後の実稼働環境要デプロイメントと同じ基本的なロール、ルーティング、およびトポロジーを使用して、ステージデプロイメントを設計します。overcloud-deploy.sh ファイルと、環境ファイルなど、デプロイメントによって参照されるすべてのファイルを保存します。移行ターゲット環境を設定するには、この手順の後半でこれらのファイルが必要になります。

    注記

    これらのファイルは、ステージデプロイメントの作成および移行でのみ使用してください。移行後に再利用しないでください。

  2. ML2/OVS デプロイメントで VXLAN または GRE プロジェクトネットワークを使用する場合は、setup-mtu-t1 の手順を実施した後に最大 24 時間待機します。

    • この待機時間により、仮想マシンインスタンスは DHCP リースを更新し、新しい MTU 値を受け取ることができます。この間に、一部のインスタンスに MTU を手動で設定し、一部のインスタンスを再起動する必要がある場合があります。
    • 24 時間はデフォルト設定の 86400 秒に基づいた時間です。実際の時間は、/var/lib/config-data/puppet-generated/neutron/etc/neutron/dhcp_agent.ini dhcp_renewal_time および /var/lib/config-data/puppet-generated/neutron/etc/neutron/neutron.conf dhcp_lease_duration のパラメーターにより異なります。
  3. python3-networking-ovn-migration-tool をインストールします。

    sudo dnf install python3-networking-ovn-migration-tool @container-tools

    コンテナーツールがまだ存在しない場合、@container-tools 引数はそれもインストールします。

  4. アンダークラウドにディレクトリーを作成し、Ansible Playbook をコピーします。

    mkdir ~/ovn_migration
    cd ~/ovn_migration
    cp -rfp /usr/share/ansible/networking-ovn-migration/playbooks .
  5. ML2/OVN ステージデプロイメントファイルを ~/ovn_migration などの移行ホームディレクトリーにコピーします。

    ステージ移行デプロイメントファイルには、overcloud-deploy.sh と、環境ファイルなど、デプロイメントによって参照されるすべてのファイルが含まれます。overcloud-deploy.sh のコピーの名前を overcloud-deploy-ovn.sh に変更します。このスクリプトは移行にのみ使用してください。他の目的には使用しないでください。

  6. 以下のリストで移行シナリオを確認し、overcloud-deploy-ovn.shopenstack deploy コマンドをカスタマイズするための適切な手順を実施します。

    シナリオ 1: DVR から DVR へ コンピュートノードが外部ネットワークに接続できる
    • 以下の環境ファイルを overcloud-deploy-ovn.sh の openstack deploy コマンドに追加します。環境ファイルは以下の順序で追加します。このコマンドの例では、デフォルトの neutron-ovn-dvr-ha.yaml ファイルを使用します。別のファイルを使用する場合は、コマンドのファイル名を置き換えます。

      -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/services/neutron-ovn-dvr-ha.yaml \
      -e $HOME/ovn-extras.yaml
    シナリオ 2: 集中ルーティングから集中ルーティングへ (DVR なし)
    • デプロイメントで SR-IOV が使用されている場合は、roles_data.yaml ファイルの OS::TripleO::Services::OVNMetadataAgent を Controller ロールに追加します。
    • 移行前のカスタムブリッジマッピングを維持します。

      • ネットワーカーまたはネットワーカー/コントローラー複合ノードで以下のコマンドを実行し、現在のブリッジマッピングを取得します。

        sudo podman exec -it neutron_ovs_agent crudini --get /etc/neutron/plugins/ml2/openvswitch_agent.ini ovs bridge_mappings

        出力例

        datacentre:br-ex,tenant:br-isolated
      • アンダークラウドで、ブリッジマッピング用の環境ファイル (/home/stack/neutron_bridge_mappings.yaml) を作成します。
      • 環境ファイルでデフォルト値を設定します。以下に例を示します。

        parameter_defaults:
          ComputeParameters:
            NeutronBridgeMappings: "datacentre:br-ex,tenant:br-isolated"
    • 以下の環境ファイルを overcloud-deploy-ovn.sh の openstack deploy コマンドに追加します。環境ファイルは以下の順序で追加します。お使いの環境で SR-IOV が使用されない場合は、neutron-ovn-sriov.yaml ファイルを省略します。ovn-extras.yaml ファイルは存在していませんが、openstack deploy コマンドを実行する前に ovn_migration.sh スクリプトにより作成されます。

      -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/services/neutron-ovn-ha.yaml \
      -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/services/neutron-ovn-sriov.yaml \
      -e /home/stack/ovn-extras.yaml  \
      -e /home/stack/neutron_bridge_mappings.yaml
    • カスタムのネットワーク変更は、移行前と同じままにします。
    シナリオ 3: 集中ルーティングから DVR へ (Geneve タイプドライバーおよび br-ex 経由で外部ネットワークに接続されたコンピュートノードを使用)
    警告

    ML2/OVS デプロイメントで集中ルーティングおよび VLAN プロジェクト (テナント) ネットワークが使用される場合は、DVR を使用する ML2/OVN に移行しないでください。集中ルーティングを使用する ML2/OVN に移行できます。この制限の進捗を追跡するには、Bug 1766930 を参照してください。

    • コンピュートノードが br-ex ブリッジを介して外部ネットワークに接続されていることを確認します。たとえば、compute-dvr.yaml 等の環境ファイルで以下のように設定します。

      type: ovs_bridge
          # Defaults to br-ex, anything else requires specific # bridge mapping entries for it to be used.
          name: bridge_name
          use_dhcp: false
          members:
           -
            type: interface
            name: nic3
            # force the MAC address of the bridge to this interface
            primary: true
  7. すべてのユーザーに overcloud-deploy-ovn.sh ファイルの実行権限があることを確認します。このスクリプトには、移行プロセス中に実行権限が必要です。

    $ chmod a+x ~/overcloud-deploy-ovn.sh
  8. export コマンドを使用して、以下の移行関連の環境変数を設定します。以下に例を示します。

    $ export PUBLIC_NETWORK_NAME=my-public-network
    • STACKRC_FILE: アンダークラウドの stackrc ファイル。

      デフォルト: ~/stackrc

    • OVERCLOUDRC_FILE: アンダークラウドの overcloudrc ファイル。

      デフォルト: ~/overcloudrc

    • OVERCLOUD_OVN_DEPLOY_SCRIPT: デプロイメントスクリプト。

      デフォルト: ~/overcloud-deploy-ovn.sh

    • PUBLIC_NETWORK_NAME: パブリックネットワークの名前。

      デフォルト: public

    • IMAGE_NAME: テストサーバーのブートに使用する glance イメージの名前または ID。

      デフォルト: cirros

      イメージは、検証前/検証後のプロセス時に自動的にダウンロードされます。

    • VALIDATE_MIGRATION: 移行リソースを作成して移行を検証します。移行スクリプトは、移行開始前にサーバーを起動し、移行後にサーバーが到達可能であることを検証します。

      デフォルト: True

      警告

      移行の検証には、少なくとも 2 つの利用可能な Floating IP アドレス、2 つのネットワーク、2 つのサブネット、2 つのインスタンス、および 2 つの admin ルーターが必要です。

      また、PUBLIC_NETWORK_NAME で指定されるネットワークには、利用可能な Floating IP アドレスが必要で、アンダークラウドから ping できる必要があります。

      お使いの環境がこれらの要件を満たさない場合には、VALIDATE_MIGRATION を False に設定します。

    • SERVER_USER_NAME: 移行インスタンスへのロギングに使用するユーザー名。

      デフォルト: cirros

    • DHCP_RENEWAL_TIME: DHCP エージェント設定ファイルで設定する DHCP 更新時間 (秒単位)。

      デフォルト: 30

  9. ovn-migration ディレクトリーにあり、ovn_migration.sh generate-inventory コマンドを実行して、インベントリーファイル hosts_for_migration および ansible.cfg ファイルを生成します。

    $ ovn_migration.sh generate-inventory   | sudo tee -a /var/log/ovn_migration_output.txt
  10. hosts_for_migration ファイルで正確性を確認してください。

    1. リストがお使いの環境と一致していることを確認します。
    2. 各ノードに ovn コントローラーがあることを確認します。
    3. リスト見出し ([ovn-controllers] など) がリスト項目に含まれていないことを確認します。
    4. ovn 移行ディレクトリーから、ansible -i hosts_for_migration -m ping all コマンドをすべて ping します。
  11. 元のデプロイメントで VXLAN または GRE を使用している場合は、最大伝送単位 (MTU) 値を調整する必要があります。OVS メカニズムドライバーから OVN メカニズムドライバーへの移行のための MTU の調整 に進みます。

    元のデプロイメントで VLAN ネットワークを使用している場合は、MTU 調整をスキップして、OVS メカニズムドライバーから OVN メカニズムドライバーへの移行のためのコンテナーイメージの準備 に進みます。

2.2. OVS から OVN への ML2 メカニズムドライバーの移行のための MTU の調整

VXLAN または GRE を使用する OVN メカニズムドライバーを備えた RHOSP 16.2 から、Geneve を使用する OVN メカニズムドライバーに移行する場合は、最大伝送単位 (MTU) 設定がネットワーク内の最小 MTU 以下であることを確認する必要があります。

現在のデプロイメントで VXLAN または GRE の代わりに VLAN を使用している場合は、この手順をスキップして、OVS メカニズムドライバーから OVN メカニズムドライバーへの移行のためのコンテナーイメージの準備 に進みます。

前提条件

手順

  1. ovn_migration.sh setup-mtu-t1 を実行します。これにより、DHCP エージェントが実行しているすべてのノードで、/var/lib/config-data/puppet-generated/neutron/etc/neutron/dhcp_agent.ini 内の dhcp_renewal_time を設定する内部 neutron DHCP サーバーの T1 パラメーターが短くなります。

    $ ovn_migration.sh setup-mtu-t1   | sudo tee -a /var/log/ovn_migration_output.txt
  2. 元の OVS デプロイメントで VXLAN または GRE プロジェクトネットワークを使用している場合は、DHCP リースがすべての仮想マシンインスタンスで更新されるまでお待ちください。リース更新設定およびインスタンス数によっては、最大 24 時間かかる場合があります。
  3. T1 パラメーターが既存の仮想マシンに伝播されていることを確認します。

    • コンピュートノードのいずれかに接続します。
    • プロジェクトネットワークに接続された仮想マシンタップのいずれかで tcpdump` を実行します。

      T1 の伝播が成功すると、リクエストは約 30 秒ごとに発生することが予想されます。

      [heat-admin@overcloud-novacompute-0 ~]$ sudo tcpdump -i tap52e872c2-e6 port 67 or port 68 -n
      tcpdump: verbose output suppressed, use -v or -vv for full protocol decode
      listening on tap52e872c2-e6, link-type EN10MB (Ethernet), capture size 262144 bytes
      13:17:28.954675 IP 192.168.99.5.bootpc > 192.168.99.3.bootps: BOOTP/DHCP, Request from fa:16:3e:6b:41:3d, length 300
      13:17:28.961321 IP 192.168.99.3.bootps > 192.168.99.5.bootpc: BOOTP/DHCP, Reply, length 355
      13:17:56.241156 IP 192.168.99.5.bootpc > 192.168.99.3.bootps: BOOTP/DHCP, Request from fa:16:3e:6b:41:3d, length 30013:17:56.249899 IP 192.168.99.3.bootps > 192.168.99.5.bootpc: BOOTP/DHCP, Reply, length 355
      注記

      cirros 仮想マシンでは、この検証はできません。cirros udhcpc 実装は DHCP オプション 58 (T1) に応答しません。完全な Linux 仮想マシンに属するポートで、この検証を試みます。Red Hat では、Windows や Linux ディストリビューションのバリアントなど、ワークロードに含まれるさまざまなオペレーティングシステムをすべて確認することを推奨します。

  4. DHCP の T1 パラメーターへの変更を反映するように仮想マシンインスタンスが更新されていない場合は、再起動します。
  5. 移行前の VXLAN および GRE ネットワークの MTU を減らします。

    $ ovn_migration.sh reduce-mtu   | sudo tee -a /var/log/ovn_migration_output.txt

    このステップでは、ネットワークごとに MTU を減らし、adapted_mtu で完了したネットワークにタグを付けます。このツールは、VXLAN および GRE ネットワーク上でのみ機能します。デプロイメントに VLAN プロジェクトネットワークしかない場合、この手順では値は変更されません。

  6. VXLAN または GRE プロジェクトネットワークに静的 IP を割り当てるインスタンスがある場合は、それらのインスタンスの設定を手動で変更し、新しい Geneve MTU (現在の VXLAN MTU から 8 バイト減) を設定します。たとえば、VXLAN ベースの MTU が 1450 の場合は、これを 1442 に変更します。

    注記

    このステップは、VXLAN または GRE プロジェクトネットワークに静的 IP の割り当てと MTU 設定を手動で提供している場合にのみ行います。デフォルトでは、DHCP が IP 割り当てと MTU 設定を提供します。

  7. OVS メカニズムドライバーから OVN メカニズムドライバーへのコンテナーイメージの移行の準備 に進みます。

2.3. OVS から OVN への ML2 メカニズムドライバーの移行用コンテナーイメージの準備

環境の評価と準備は、移行を成功させるために重要です。Red Hat Technical Account Manager または Global Professional Services は、以下の手順での実施を案内します。

前提条件

手順

  1. ML2/OVN への移行後に使用する新しいコンテナーイメージを準備します。

    1. ホームディレクトリーに containers-prepare-parameter.yaml ファイルがない場合は作成します。

      $ test -f $HOME/containers-prepare-parameter.yaml || sudo openstack tripleo container image prepare default \
      --output-env-file $HOME/containers-prepare-parameter.yaml
    2. containers-prepare-parameter.yaml が $HOME/overcloud-deploy-ovn.sh ファイルおよび $HOME/overcloud-deploy.sh ファイルの末尾にあることを確認します。
    3. containers-prepare-parameter.yaml ファイルの neutron_driver を ovn に変更します。

      $ sed -i -E 's/neutron_driver:([ ]\w+)/neutron_driver: ovn/' $HOME/containers-prepare-parameter.yaml
    4. neutron_driver への変更を確認します。

      $ grep neutron_driver $HOME/containers-prepare-parameter.yaml
      neutron_driver: ovn
    5. イメージを更新します。

      $ sudo openstack tripleo container image prepare \
      --environment-file /home/stack/containers-prepare-parameter.yaml
      注記

      containers-prepare-parameter.yaml ファイルへの完全パスを指定します。それ以外の場合、コマンドはイメージリストを更新したりエラーメッセージを表示したりすることなく、非常に迅速に完了します。

  2. アンダークラウドにおいて、更新されたイメージを検証します。

    . Log in to the undercloud as the user `stack` and source the stackrc file.
    $ source ~/stackrc
    $ openstack tripleo container image list | grep  '\-ovn'

    リストは以下の例のようになります。これには、OVN データベース、OVN コントローラー、メタデータエージェント、および neutron サーバーエージェント用のコンテナーが含まれます。

    docker://undercloud-0.ctlplane.redhat.local:8787/rh-osbs/rhosp16-openstack-ovn-northd:16.2_20211110.2
    docker://undercloud-0.ctlplane.redhat.local:8787/rh-osbs/rhosp16-openstack-ovn-sb-db-server:16.2_20211110.2
    docker://undercloud-0.ctlplane.redhat.local:8787/rh-osbs/rhosp16-openstack-ovn-controller:16.2_20211110.2
    docker://undercloud-0.ctlplane.redhat.local:8787/rh-osbs/rhosp16-openstack-neutron-server-ovn:16.2_20211110.2
    docker://undercloud-0.ctlplane.redhat.local:8787/rh-osbs/rhosp16-openstack-ovn-nb-db-server:16.2_20211110.2
    docker://undercloud-0.ctlplane.redhat.local:8787/rh-osbs/rhosp16-openstack-neutron-metadata-agent-ovn:16.2_20211110.2
  3. ML2/OVS から ML2/OVN への移行 に進みます。

2.4. ML2 メカニズムドライバーを OVS から OVN に移行する

ovn-migration スクリプトは、OVS から OVN への ML2 メカニズムドライバーのインプレース移行に関連する環境セットアップ、移行、およびクリーンアップタスクを実行します。

前提条件

手順

  1. 新しいネットワーク、サブネット、ルーターの作成、コンピュートノード間の仮想マシンインスタンスの移行など、Networking Service (neutron) API と対話するすべての操作を停止します。

    移行中の Networking API とのやり取りにより、未定義の動作が発生する可能性があります。移行が完了したら、API 操作を再開できます。

  2. ovn_migration.sh start-migration を実行して移行プロセスを開始します。tee コマンドは、トラブルシューティング目的のスクリプト出力のコピーを作成します。

    $ ovn_migration.sh start-migration  | sudo tee -a /var/log/ovn_migration_output.txt

結果

スクリプトは以下のアクションを実行します。

  • 移行前のリソース (ネットワークおよび仮想マシン) を作成して、既存のデプロイメントと最終移行を検証します。
  • br-int ではなく、一時ブリッジ br-migration を使用して、参照実装サービスと共に OVN をデプロイするために、オーバークラウドスタックを更新します。一時ブリッジは、移行時のダウンタイムを抑えるのに役立ちます。
  • neutron-ovn-db-sync-util を実行して OVN ノースバウンドデータベースを生成します。このユーティリティーは、OVN ノースバウンドデータベースで等価なリソースを作成するために Neutron データベースを調べます。
  • br-int から br-migration に既存のリソースのクローンを作成し、ovn が br-migration で同じリソース UUID を検出できるようにします。
  • br-migration ではなく br-int に ovn-controller を再度割り当てます。
  • 以下に示す ML2/OVN が使用していないノードリソースを削除します。

    • ネットワーク名前空間 (fip、snat、qrouter、qdhcp) をクリーンアップします。
    • br-int の不要なパッチポートを削除します。
    • br-tun および br-migration ovs ブリッジを削除します。
    • br-int から qr-ha-、および qg- で始まるポートを削除します (neutron-netns-cleanup を使用)。
  • Networking サービス API を使用して、Networking サービス (neutron) エージェントおよび Networking サービス HA の内部ネットワークをデータベースから削除します。
  • 移行前のリソースで接続を検証します。
  • 移行前のリソースを削除します。
  • 移行後のリソースを作成します。
  • 移行後のリソースで接続を検証します。
  • 移行後のリソースをクリーンアップします。
  • デプロイメントツールを再度実行して、br-int 上の OVN を更新します。

法律上の通知

Copyright © 2024 Red Hat, Inc.
The text of and illustrations in this document are licensed by Red Hat under a Creative Commons Attribution–Share Alike 3.0 Unported license ("CC-BY-SA"). An explanation of CC-BY-SA is available at http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/. In accordance with CC-BY-SA, if you distribute this document or an adaptation of it, you must provide the URL for the original version.
Red Hat, as the licensor of this document, waives the right to enforce, and agrees not to assert, Section 4d of CC-BY-SA to the fullest extent permitted by applicable law.
Red Hat, Red Hat Enterprise Linux, the Shadowman logo, the Red Hat logo, JBoss, OpenShift, Fedora, the Infinity logo, and RHCE are trademarks of Red Hat, Inc., registered in the United States and other countries.
Linux® is the registered trademark of Linus Torvalds in the United States and other countries.
Java® is a registered trademark of Oracle and/or its affiliates.
XFS® is a trademark of Silicon Graphics International Corp. or its subsidiaries in the United States and/or other countries.
MySQL® is a registered trademark of MySQL AB in the United States, the European Union and other countries.
Node.js® is an official trademark of Joyent. Red Hat is not formally related to or endorsed by the official Joyent Node.js open source or commercial project.
The OpenStack® Word Mark and OpenStack logo are either registered trademarks/service marks or trademarks/service marks of the OpenStack Foundation, in the United States and other countries and are used with the OpenStack Foundation's permission. We are not affiliated with, endorsed or sponsored by the OpenStack Foundation, or the OpenStack community.
All other trademarks are the property of their respective owners.
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.