検索

第10章 インスタンスの CPU 機能フラグの設定

download PDF

ホストコンピュートノードの設定を変更してコンピュートノードをリブートすることなく、インスタンスの CPU 機能フラグを有効または無効にすることができます。インスタンスに適用される CPU 機能フラグの標準的なセットを設定することで、コンピュートノード間でライブマイグレーションの互換性を実現するのに役立ちます。また、特定の CPU モデルにおいてインスタンスのセキュリティーやパフォーマンスに悪影響を与えるフラグを無効にしたり、セキュリティーやパフォーマンスの問題を軽減するフラグを有効したりして、インスタンスのパフォーマンスおよびセキュリティーを管理するのにも役立ちます。

10.1. 前提条件

  • CPU モデルおよび機能フラグが、ホストコンピュートノードのハードウェアおよびソフトウェアでサポートされる必要があります。

    • ホストが対応しているハードウェアを確認するには、コンピュートノードで以下のコマンドを入力します。

      $ cat /proc/cpuinfo
    • ホストが対応している CPU モデルを確認するには、コンピュートノードで以下のコマンドを入力します。

      $ sudo podman exec -it nova_libvirt virsh cpu-models <arch>

      <arch> をアーキテクチャーの名前に置き換えます (例: x86_64)。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.