検索

12.4. メモリー暗号化用のイメージの作成

download PDF

オーバークラウドに AMD SEV コンピュートノードが含まれる場合、AMD SEV インスタンスイメージを作成することができます。クラウドユーザーはこのイメージを使用して、メモリーが暗号化されたインスタンスを起動することができます。

手順

  1. メモリー暗号化用の新規イメージの作成

    (overcloud)$ openstack image create ...  \
     --property hw_firmware_type=uefi amd-sev-image
    注記

    既存のイメージを使用する場合、イメージの hw_firmware_type 属性が uefi に設定されている必要があります。

  2. (オプション) イメージに属性 hw_mem_encryption=True を追加して、イメージで AMD SEV のメモリー暗号化を有効にします。

    (overcloud)$ openstack image set  \
     --property hw_mem_encryption=True amd-sev-image
    ヒント

    フレーバーでメモリー暗号化を有効にすることができます。詳細は、Creating a flavor for memory encryption を参照してください。

  3. オプション: コンピュートノード設定のマシン種別がまだ q35 に設定されていない場合には、そのように設定します。

    (overcloud)$ openstack image set  \
     --property hw_machine_type=q35 amd-sev-image
  4. オプション: SEV 対応ホストアグリゲートでメモリーが暗号化されたインスタンスをスケジュールするには、イメージの追加スペックに以下の特性を追加します。

    (overcloud)$ openstack image set  \
     --property trait:HW_CPU_X86_AMD_SEV=required amd-sev-image
    ヒント

    フレーバーでこの特性を指定することもできます。詳細は、Creating a flavor for memory encryption を参照してください。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.