検索

第3章 デプロイメント後の設定

download PDF

NFS 共有を作成し、ユーザーにアクセス権限を付与し、NFS 共有をマウントする前に、いくつかのデプロイメント後設定タスクを完了する必要があります。

  • Networking サービス (neutron) ストレージネットワークを分散データセンターストレージネットワークにマッピングします。
  • カスタムロールベースアクセス制御 (RBAC) でのみ、ストレージプロバイダーネットワークを信頼済みテナントで利用できるようにします。ストレージプロバイダーネットワークはグローバルに共有しないでください。
  • プライベートファイル共有種別を作成します。
  • 特定の信頼済みテナントにアクセス権限を付与します。

これらのステップを完了したら、テナントコンピュートインスタンスはネイティブ CephFS 共有を作成し、そのアクセスを許可し、マウントすることができます。

3.1. ストレージプロバイダーネットワークの作成

新しい分離ストレージネットワークを Networking (neutron) プロバイダーネットワークにマッピングする必要があります。ネイティブ CephFS 共有のエクスポート場所にアクセスするために、コンピュートノードの仮想マシンをネットワークにアタッチします。

Shared File Systems サービスのネットワークセキュリティーに関する情報は、セキュリティーおよび強化ガイドShared File System (Manila) の強化 を参照してください。

手順

openstack network create コマンドにより、ストレージ neutron ネットワークの設定を定義します。

  1. アンダークラウドノードから、以下のコマンドを入力します。

    [stack@undercloud ~]$ source ~/overcloudrc
  2. アンダークラウドノードで、ストレージネットワークを作成します。

    (overcloud) [stack@undercloud-0 ~]$ openstack network create Storage --provider-network-type vlan --provider-physical-network datacentre --provider-segment 30

    以下のオプションを設定してこのコマンドを入力することができます。

    • --provider-physical-network オプション: tripleo-heat-templates の NeutronBridgeMappings で別途 br-isolated ブリッジのタグを設定していない限り、デフォルト値 datacentre を使用します。
    • --provider-segment オプション: ネットワーク環境ファイルで Storage 分離ネットワークに設定した値を使用します。これがカスタマイズされない場合、デフォルトの環境ファイルは /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/network_data.yaml になります。分離ネットワークの定義を変更していない限り、Storage ネットワークに関連付けられた VLAN の値は 30 です。
    • --provider-network-type オプション: 値 vlan を使用します。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.