検索

2.2. 大規模な実稼働用オーバークラウド上での Telemetry サービスの設定

download PDF

大規模な実稼働用オーバークラウドで Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) Telemetry サービスを有効にする場合、Telemetry サービスを専用のノードにデプロイしてそのパフォーマンスを向上させることができます。

Telemetry サービスは、常にストレージバックエンドとして選択された RHOSP オブジェクトストアを使用します。Red Hat Ceph Storage を有効にしない場合、Telemetry サービスは RHOSP Object Storage サービス (swift) を使用します。デフォルトでは、RHOSP director は Object Storage サービスと Telemetry サービスを Controller 上に共存させます。

警告

時系列データベース (gnocchi) ストレージ用の RHOSP オブジェクトストレージ (swift) の使用は、小規模で非実稼働環境でのみサポートされています。

前提条件

  • Telemetry サービスをデプロイするオーバークラウドが、大規模な実稼働用のオーバークラウドである。

手順

  1. 専用のテレメトリーノードを設定するには、Controller ロールから Telemetry サービスを削除します。

    /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/roles_data.yaml/home/stack/templates/roles_data.yaml にコピーして、Orchestration サービス (heat) カスタム環境ファイルを作成します。

  2. /home/stack/templates/roles_data.yaml で、Controller ロールの ServicesDefault リストから以下の行を削除します。

        - OS::TripleO::Services::CeilometerAgentCentral
        - OS::TripleO::Services::CeilometerAgentNotification
        - OS::TripleO::Services::GnocchiApi
        - OS::TripleO::Services::GnocchiMetricd
        - OS::TripleO::Services::GnocchiStatsd
        - OS::TripleO::Services::AodhApi
        - OS::TripleO::Services::AodhEvaluator
        - OS::TripleO::Services::AodhNotifier
        - OS::TripleO::Services::AodhListener
        - OS::TripleO::Services::PankoApi
        - OS::TripleO::Services::CeilometerAgentIpmi
  3. 以下のスニペットを追加して roles_data.yaml を保存します。

    - name: Telemetry
      ServicesDefault:
        - OS::TripleO::Services::CACerts
        - OS::TripleO::Services::CertmongerUser
        - OS::TripleO::Services::Kernel
        - OS::TripleO::Services::Ntp
        - OS::TripleO::Services::Timezone
        - OS::TripleO::Services::Snmp
        - OS::TripleO::Services::Sshd
        - OS::TripleO::Services::Securetty
        - OS::TripleO::Services::TripleoPackages
        - OS::TripleO::Services::TripleoFirewall
        - OS::TripleO::Services::SensuClient
        - OS::TripleO::Services::FluentdClient
        - OS::TripleO::Services::AuditD
        - OS::TripleO::Services::Collectd
        - OS::TripleO::Services::MySQLClient
        - OS::TripleO::Services::Docker
        - OS::TripleO::Services::CeilometerAgentCentral
        - OS::TripleO::Services::CeilometerAgentNotification
        - OS::TripleO::Services::GnocchiApi
        - OS::TripleO::Services::GnocchiMetricd
        - OS::TripleO::Services::GnocchiStatsd
        - OS::TripleO::Services::AodhApi
        - OS::TripleO::Services::AodhEvaluator
        - OS::TripleO::Services::AodhNotifier
        - OS::TripleO::Services::AodhListener
        - OS::TripleO::Services::PankoApi
        - OS::TripleO::Services::CeilometerAgentIpmi
  4. /home/stack/node-info.yaml ファイルで、Telemetry サービスの専用ノード数を設定します。

    たとえば、TelemetryCount: 3parameter_defaults に追加して、3 つの専用 Telemetry ノードをデプロイします。

    parameter_defaults:
      TelemetryCount: 3

    これで、カスタムの Telemetry ロールが追加されました。

    このロールで、新規フレーバーを定義して、特定のテレメトリーノードをタグ付けして割り当てることができます。

  5. オーバークラウドをデプロイする際には、roles_data.yaml および storage-environment.yamlopenstack overcloud deploy コマンドが呼び出すテンプレートおよび環境ファイルのリストに追加します。

    $ openstack overcloud deploy \
      -r /home/stack/templates/roles_data.yaml \
      -e /home/stack/templates/storage-environment.yaml \
      -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/enable-legacy-telemetry.yaml \
    [...]
  6. Object Storage に専用ノードを割り当てることができない場合は、コントローラーノード上で全ストレージ I/O を下げて動作するように Object Storage を設定します。

関連情報

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.