検索

第2章 ML2/OVN の操作

download PDF

Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) のネットワークは、Networking サービス (neutron) によって管理されます。Networking サービスの中核は Modular Layer 2 (ML2) プラグインで、RHOSP ML2 プラグインのデフォルトメカニズムドライバーは Open Virtual Networking (OVN) メカニズムドライバーです。

以前のバージョンの RHOSP では、デフォルトで Open vSwitch (OVS) メカニズムドライバーを使用していましたが、Red Hat ではほとんどのデプロイメントで ML2/OVN メカニズムドライバーを推奨します。

RHOSP 13 の ML2/OVS デプロイメントから RHOSP 16 にアップグレードする場合、Red Hat はアップグレード後に ML2/OVS から ML2/OVN に移行することを推奨します。場合によっては、ML2/OVN が要件を満たさない可能性があります。このような場合には、ML2/OVS を使用して RHOSP をデプロイすることができます。

2.1. RHOSP OVN アーキテクチャーのコンポーネントリスト

RHOSP OVN アーキテクチャーでは、Networking API をサポートするために OVS Modular Layer 2 (ML2) メカニズムドライバーが OVN ML2 メカニズムドライバーに置き換えられます。OVN は、Red Hat OpenStack Platform のネットワークサービスを提供します。

図 2.1 に示すように、OVN アーキテクチャーは次のコンポーネントとサービスで設定されます。

OVN メカニズムドライバーを備えた ML2 プラグイン
ML2 プラグインは、OpenStack 固有のネットワーク設定を、プラットフォーム非依存の OVN 論理ネットワーク設定に変換します。通常、コントローラーノード上で実行されます。
OVN northbound (NB) データベース (ovn-nb)
このデータベースは、OVN ML2 プラグインからの論理 OVN ネットワーク設定を保管します。通常コントローラーノードで実行され、TCP ポート 6641 をリッスンします。
OVN northbound サービス (ovn-northd)
このサービスは OVN NB データベースからの論理ネットワーク設定を論理データパスフローに変換して、それらを OVN Southbound データベースに投入します。通常、コントローラーノード上で実行されます。
OVN southbound (SB) データベース (ovn-sb)
このデータベースは、変換された論理データパスフローを保管します。通常コントローラーノードで実行され、TCP ポート 6642 をリッスンします。
OVN コントローラー (ovn-controller)
このコントローラーは OVN SB データベースに接続して Open vSwitch コントローラーとして機能し、ネットワークトラフィックの制御とモニタリングを行います。これにより、OS::Tripleo::Services::OVNController が定義されているすべての Compute およびゲートウェイノードで実行されます。
OVN メタデータエージェント (ovn-metadata-agent)
このエージェントは、OVS インターフェイス、ネットワーク名前空間、メタデータ API 要求のプロキシーに使用される HAProxy プロセスを管理するための haproxy インスタンスを作成します。このエージェントは、OS::TripleO::Services::OVNMetadataAgent が定義されているすべての Compute およびゲートウェイノードで実行されます。
OVS データベースサーバー (OVSDB)
OVN の Northbound および Southbound データベースをホストします。また、ovs-vswitchd と連携して OVS データベース conf.db をホストします。
注記

NB データベースのスキーマファイルは /usr/share/ovn/ovn-nb.ovsschema にあり、SB データベースのスキーマファイルは /usr/share/ovn/ovn-sb.ovsschema にあります。

図2.1 RHOSP 環境の OVN アーキテクチャー

329 OpenStack OVN Architecture 0923 1
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.