検索

第16章 ルーティング対応プロバイダーネットワークのデプロイ

download PDF

16.1. ルーティング対応プロバイダーネットワークのメリット

Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) では、Operator はルーティング対応プロバイダーネットワーク (RPN) を作成することができます。ルーティング対応プロバイダーネットワークは通常エッジデプロイメントで使用され、1 つのセグメントしか持たない従来のネットワークとは異なり、複数のレイヤー 2 ネットワークセグメントに基づきます。

エンドユーザー向けには 1 つのネットワークしか表示されないので、ルーティング対応プロバイダーネットワークによりクラウドが単純化されます。クラウドオペレーター向けには、ルーティング対応プロバイダーネットワークによりスケーラビリティーおよび耐障害性が提供されます。たとえば、重大なエラーが発生した場合でも、1 つのセグメントしか影響を受けず、ネットワーク全体で障害が発生することはありません。

ルーティングプロバイダーネットワークが導入される前、Operator は通常、次のアーキテクチャーのいずれかを選択する必要がありました。

  • 単一の大規模レイヤー 2 ネットワーク
  • 複数の小規模レイヤー 2 ネットワーク

単一の大規模レイヤー 2 ネットワークの場合、スケーリングによりネットワークが複雑になり、耐障害性が低下します (障害ドメインの数が増えます)。

複数の小規模レイヤー 2 ネットワークの場合、スケーリングへの対応は良好で障害ドメインの数は減りますが、エンドユーザーにとっては複雑になる可能性があります。

RHOSP 16.2 以降、Modular Layer 2 プラグインと Open Virtual Network メカニズムドライバーの組み合わせ(ML2/OVN)を使用して、ルーティング対応プロバイダーネットワークをデプロイできます。(ML2/Open vSwitch (OVS) および SR-IOV メカニズムドライバーに対するルーティング対応プロバイダーネットワークのサポートは、RHOSP 16.1.1 で導入されました。)

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.