検索

6.5. ML2/OVN 名前空間内での基本的な ICMP テストの実行

download PDF

基本的なトラブルシューティングステップとして、同じレイヤー 2 ネットワーク上にある OVN メタデータインターフェイスからインスタンスに ping 送信を試みることができます。

前提条件

  • Networking サービス (neutron) のデフォルトメカニズムドライバーとして ML2/OVN を使用する RHOSP デプロイメント。

手順

  1. Red Hat OpenStack Platform の認証情報を使用してオーバークラウドにログインします。
  2. openstack server list コマンドを実行して、仮想マシンインスタンスの名前を取得します。
  3. openstack server show コマンドを実行して、インスタンスを実行している Compute ノードを確認します。

    $ openstack server show my_instance -c OS-EXT-SRV-ATTR:host \
    -c addresses

    出力例

    +----------------------+-------------------------------------------------+
    | Field                | Value                                           |
    +----------------------+-------------------------------------------------+
    | OS-EXT-SRV-ATTR:host | compute0.ctlplane.example.com                   |
    | addresses            | finance-network1=192.0.2.2; provider-           |
    |                      | storage=198.51.100.13                           |
    +----------------------+-------------------------------------------------+

  4. Compute ノードホストにログインします。

    $ ssh heat-admin@compute0.ctlplane

  5. ip netns list コマンドを実行して、OVN メタデータ名前空間を表示します。

    出力例

    ovnmeta-07384836-6ab1-4539-b23a-c581cf072011 (id: 1)
    ovnmeta-df9c28ea-c93a-4a60-b913-1e611d6f15aa (id: 0)

  6. メタデータ名前空間を使用して、ip netns exec コマンドを実行して、関連付けられたネットワークに ping を実行します。

    $ sudo ip netns exec ovnmeta-df9c28ea-c93a-4a60-b913-1e611d6f15aa \
    ping 192.0.2.2

    出力例

    PING 192.0.2.2 (192.0.2.2) 56(84) bytes of data.
    64 bytes from 192.0.2.2: icmp_seq=1 ttl=64 time=0.470 ms
    64 bytes from 192.0.2.2: icmp_seq=2 ttl=64 time=0.483 ms
    64 bytes from 192.0.2.2: icmp_seq=3 ttl=64 time=0.183 ms
    64 bytes from 192.0.2.2: icmp_seq=4 ttl=64 time=0.296 ms
    64 bytes from 192.0.2.2: icmp_seq=5 ttl=64 time=0.307 ms
    ^C
    --- 192.0.2.2 ping statistics ---
    5 packets transmitted, 5 received, 0% packet loss, time 122ms
    rtt min/avg/max/mdev = 0.183/0.347/0.483/0.116 ms

関連情報

  • コマンドラインインターフェイスリファレンスserver show
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.