検索

6.2. ポートの現在のステータスの表示

download PDF

基本的なトラブルシューティングタスクでは、ルーターに接続されたすべてのポートのインベントリーを作成し、ポートのステータス (DOWN または ACTIVE) を判断します。

手順

  1. r1 という名前のルーターに接続されたすべてのポートを表示するには、以下のコマンドを実行します。

    #  openstack port list --router r1

    出力例

    +--------------------------------------+------+-------------------+--------------------------------------------------------------------------------------+
    | id                                   | name | mac_address       | fixed_ips                                                                            |
    +--------------------------------------+------+-------------------+--------------------------------------------------------------------------------------+
    | b58d26f0-cc03-43c1-ab23-ccdb1018252a |      | fa:16:3e:94:a7:df | {"subnet_id": "a592fdba-babd-48e0-96e8-2dd9117614d3", "ip_address": "192.168.200.1"} |
    | c45e998d-98a1-4b23-bb41-5d24797a12a4 |      | fa:16:3e:ee:6a:f7 | {"subnet_id": "43f8f625-c773-4f18-a691-fd4ebfb3be54", "ip_address": "172.24.4.225"}  |
    +--------------------------------------+------+-------------------+--------------------------------------------------------------------------------------+

  2. 各ポートの詳細を表示するには、以下のコマンドを実行します。表示するポートのポート ID を指定します。コマンドの出力にはポートのステータスが含まれており、以下の例では状態が ACTIVE であることが分かります。

    # openstack port show b58d26f0-cc03-43c1-ab23-ccdb1018252a

    出力例

    +-----------------------+--------------------------------------------------------------------------------------+
    | Field                 | Value                                                                                |
    +-----------------------+--------------------------------------------------------------------------------------+
    | admin_state_up        | True                                                                                 |
    | allowed_address_pairs |                                                                                      |
    | binding:host_id       | node.example.com                                                      |
    | binding:profile       | {}                                                                                   |
    | binding:vif_details   | {"port_filter": true, "ovs_hybrid_plug": true}                                       |
    | binding:vif_type      | ovs                                                                                  |
    | binding:vnic_type     | normal                                                                               |
    | device_id             | 49c6ebdc-0e62-49ad-a9ca-58cea464472f                                                 |
    | device_owner          | network:router_interface                                                             |
    | extra_dhcp_opts       |                                                                                      |
    | fixed_ips             | {"subnet_id": "a592fdba-babd-48e0-96e8-2dd9117614d3", "ip_address": "192.168.200.1"} |
    | id                    | b58d26f0-cc03-43c1-ab23-ccdb1018252a                                                 |
    | mac_address           | fa:16:3e:94:a7:df                                                                    |
    | name                  |                                                                                      |
    | network_id            | 63c24160-47ac-4140-903d-8f9a670b0ca4                                                 |
    | security_groups       |                                                                                      |
    | status                | ACTIVE                                                                               |
    | tenant_id             | d588d1112e0f496fb6cac22f9be45d49                                                     |
    +-----------------------+--------------------------------------------------------------------------------------+

  3. ポートごとにステップ 2 を実施して、ステータスを判断します。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.