検索

16.9. ファイアウォールおよびインスタンスプロファイル

download PDF

最も一般的なオペレーティングシステムには、追加のセキュリティー層用のホストベースのファイアウォールが含まれています。インスタンスはできるだけ少ないアプリケーションを実行すべきで (可能な場合、単一目的のインスタンスの観点で)、インスタンス上で実行されているすべてのアプリケーションは、アプリケーションがアクセスする必要のあるシステムリソース、それの実行に必要な権限の最低レベル、および仮想マシンから送受信されると予想されるネットワークトラフィックを決定するために、プロファイリングする必要があります。この予想されるトラフィックは、SSH または RDP などの必要なロギングおよび管理通信と共に、許可されるトラフィックとしてホストベースのファイアウォールに追加する必要があります。その他のトラフィックは、すべてファイアウォール設定で明示的に拒否する必要があります。

Linux インスタンスでは、上記のアプリケーションプロファイルを、audit2allow などのツールと併用して、ほとんどの Linux ディストリビューションで機密システム情報をさらに保護する SELinux ポリシーを構築することができます。SELinux は、ユーザー、ポリシー、およびセキュリティーコンテキストの組み合わせを使用して、アプリケーションの実行に必要なリソースを区分し、必要のない他のシステムリソースから分離します。

注記

Red Hat OpenStack Platform では、OpenStack サービス用にカスタマイズされるポリシーと共に、デフォルトで SELinux が有効化されます。必要に応じて、これらのポリシーを定期的に確認することを検討してください。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.