検索

2.3. ソフトウェアインベントリーの作成

download PDF

Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) インフラストラクチャーにデプロイしたノードで使用されているソフトウェアコンポーネントを文書化します。システムデータベース、RHOSP ソフトウェアサービス、およびロードバランサー、DNS、または DHCP サービスなどのサポートコンポーネントは、ライブラリー、アプリケーション、またはソフトウェアのクラスにおける漏洩や脆弱性の影響を評価する際に重要です。

手順

  1. 悪意ある活動の対象となりうるシステムやサービスのエントリーポイントを確実に把握します。アンダークラウド上で以下のコマンドを実行します。

    $ cat /etc/hosts
    $ source stackrc ; openstack endpoint list
    $ source overcloudrc ; openstack endpoint list
  2. RHOSP はコンテナー化されたサービスにデプロイされているため、オーバークラウドノード上で稼働しているコンテナーを確認することで、そのノード上のソフトウェアコンポーネントを確認することができます。ssh を使用してオーバークラウドノードに接続し、実行中のコンテナーをリスト表示します。たとえば、compute-0 のオーバークラウドサービスを表示するには、以下のようなコマンドを実行します。

    $ ssh heat-admin@compute-0 podman ps
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.