検索

6.2. パスワードのローテーション

download PDF

以下の手順を使用して、対象のパスワードをローテーションします。次回 openstack overcloud deploy コマンドを実行してスタックの更新を完了すると、ローテーションされたパスワードの変更が適用されます。環境ファイルで指定したパスワードは、この方法を使用するパスワードの変更よりも優先されます。要件およびサービスへの影響に関する情報は、Outage requirements を参照してください。

重要

現在サポートされていないため、この手順を使用して swift パスワードをローテーションしないでください。

  1. stack ユーザーとして、パスワードのローテーションワークフローを実行します。これにより、DO_NOT_ROTATE リストにあるパスワード以外はすべてローテーションされます。

    $ openstack workflow execution create tripleo.plan_management.v1.rotate_passwords '{"container": "overcloud"}'

    特定のパスワードだけをローテーションする場合は、password_list を使用することができます。この方法を使用して、DO_NOT_ROTATE リストでパスワードをローテーションすることもできます。以下に例を示します。

    $ openstack workflow execution create tripleo.plan_management.v1.rotate_passwords '{"container": "overcloud", "password_list": ["SaharaPassword", "ManilaPassword"]}'
    The Workflow service Mistral workflow generates new passwords for the service accounts.
  2. スタック更新を実行して新規パスワードを適用します。
  3. パスワードを取得して、出力を表示するワークフローを作成して、新しいパスワードを取得して表示できます。

    1. パスワードを取得するための新しいワークフローを作成します。ワークフローの ID をメモします。

      $ openstack workflow execution create tripleo.plan_management.v1.get_passwords '{"container": "overcloud"}'
       +--------------------+---------------------------------------------+
       | Field              | Value                                       |
       +--------------------+---------------------------------------------+
       | ID                 | edcf9103-e1a8-42f9-85c1-e505c055e0ed        |
       | Workflow ID        | 8aa2ac9b-22ee-4e7d-8240-877237ef0d0a        |
       | Workflow name      | tripleo.plan_management.v1.rotate_passwords |
       | Workflow namespace |                                             |
       | Description        |                                             |
       | Task Execution ID  | <none>                                      |
       | Root Execution ID  | <none>                                      |
       | State              | RUNNING                                     |
       | State info         | None                                        |
       | Created at         | 2020-01-22 15:47:57                         |
       | Updated at         | 2020-01-22 15:47:57                         |
       +--------------------+---------------------------------------------+
    2. ワークフロー ID を使用してワークフローのステータスを確認します。ワークフローの状態が SUCCESS になるまで待機してから続行します。

      $ openstack workflow execution show edcf9103-e1a8-42f9-85c1-e505c055e0ed
            +--------------------+---------------------------------------------+
            | Field              | Value                                       |
            +--------------------+---------------------------------------------+
            | ID                 | edcf9103-e1a8-42f9-85c1-e505c055e0ed        |
            | Workflow ID        | 8aa2ac9b-22ee-4e7d-8240-877237ef0d0a        |
            | Workflow name      | tripleo.plan_management.v1.rotate_passwords |
            | Workflow namespace |                                             |
            | Description        |                                             |
            | Task Execution ID  | <none>                                      |
            | Root Execution ID  | <none>                                      |
            | State              | SUCCESS                                     |
            | State info         | None                                        |
            | Created at         | 2020-01-22 15:47:57                         |
            | Updated at         | 2020-01-22 15:48:39                         |
            +--------------------+---------------------------------------------+
    3. ワークフローが完了したら、以下のコマンドを使用してパスワードを取得します。

      openstack workflow execution output show edcf9103-e1a8-42f9-85c1-e505c055e0ed
           {
                "status": "SUCCESS",
                "message": {
                    "AdminPassword": "FSn0sS1aAHp8YK2fU5niM3rxu",
                    "AdminToken": "dTP0Wdy7DtblG80M54r4a2yoC",
                    "AodhPassword": "fB5NQdRe37BaBVEWDHVuj4etk",
                    "BarbicanPassword": "rn7yk7KPafKw2PWN71MvXpnBt",
                    "BarbicanSimpleCryptoKek": "lrC3sGlV7-D7-V_PI4vbDfF1Ujm5OjnAVFcnihOpbCg=",
                    "CeilometerMeteringSecret": "DQ69HdlJobhnGWoBC0jM3drPF",
                    "CeilometerPassword": "qI6xOpofuiXZnG95iUe8Oxv5d",
                    "CephAdminKey": "AQDGVPpdAAAAABAAZMP56/VY+zCVcDT81+TOjg==",
                    "CephClientKey": "AQDGVPpdAAAAABAAanYtA0ggpcoCbS1nLeDN7w==",
                    "CephClusterFSID": "141a5ede-21b4-11ea-8132-52540031f76b",
                    "CephDashboardAdminPassword": "AQDGVPpdAAAAABAAKhsx630YKDhQrocS4o4KzA==",
                    "CephGrafanaAdminPassword": "AQDGVPpdAAAAABAAKBojG+CO72B0TdBRR0paEg==",
                    "CephManilaClientKey": "AQDGVPpdAAAAABAAA1TVHrTVCC8xQ4skG4+d5A=="
                }
            }
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.