検索

16.5. イメージの署名の確認

download PDF

イメージの署名検証を有効にして、Compute サービス (nova) がインスタンスを開始する前に、Image Service (glance) のイメージに不正な変更が含まれていないことを確認できます。この機能を有効にすると、マルウェアやセキュリティーの脆弱性が含まれる可能性のある新しいインスタンスが起動できなくなります。

手順

  1. Heat テンプレートで、VerifyGlanceSignatures パラメーターに True の値を設定して、インスタンスの署名検証を有効にします。

    parameter_defaults:
        VerifyGlanceSignatures: True
  2. VerifyGlanceSignatures パラメーターの変更に使用するテンプレートが openstack overcloud デプロイ スクリプトに含まれていることを確認し、デプロイスクリプトを再実行します。
注記

署名していないイメージでインスタンスを作成すると、イメージは検証に失敗し、インスタンスは起動しません。イメージへの署名の詳細は、Image Service のイメージへの署名 を参照してください。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.