検索

第1章 概要

download PDF

本ガイドでは、Red Hat OpenStack Platform 環境に向けたスパイン/リーフ型ネットワークトポロジーの構築について説明します。これには、完全なエンドツーエンドのシナリオと、お使いの環境でより広範囲なネットワークトポロジーを複製するのに役立つサンプルファイルが含まれます。

1.1. スパイン/リーフ型ネットワーク

Red Hat OpenStack Platform のコンポーザブルネットワークアーキテクチャーを使用して、ネットワークをルーティング対応のスパイン/リーフ型データセンタートポロジーに適合させることができます。ルーティング対応のスパイン/リーフの実際の適用では、リーフは Compute または Storage のコンポーザブルロールに相当し、図 1.1, ルーティング対応のスパイン/リーフ型トポロジーの例 に示したように、通常はデータセンターのラック内にあります。Leaf 0 ラックには、アンダークラウドノード、コントローラーノード、およびコンピュートノードがあります。コンポーザブルネットワークはコンポーザブルロールに割り当てられたノードに提示されます。次の図は、以下の設定を示しています。

  • StorageLeaf ネットワークは、Ceph Storage とコンピュートノードに提示されます。
  • NetworkLeaf は、設定する任意のネットワークの例を示します。

図1.1 ルーティング対応のスパイン/リーフトポロジーの例

249 OpenStack Spine Leaf updates 0522 routed
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.