検索

2.5. スパイン/リーフ型のプロビジョニングネットワークへの新規リーフの追加

download PDF

新しい物理サイトの追加など、ネットワーク容量を増やす場合には、新しいリーフと、対応するサブネットを Red Hat OpenStack Platform のスパイン/リーフ型のプロビジョニングネットワークに追加する必要がある場合があります。オーバークラウドでリーフをプロビジョニングする場合には、対応するアンダークラウドのリーフが使用されます。

前提条件

  • RHOSP デプロイメントでスパイン/リーフ型ネットワークトポロジーが使用されている。

手順

  1. アンダークラウドホストに stack ユーザーとしてログインします。
  2. source コマンドでアンダークラウドの認証情報ファイルを読み込みます。

    $ source ~/stackrc
  3. /home/stack/undercloud.conf ファイルで、以下の手順を実施します。

    1. subnets パラメーターを特定し、追加するリーフ用の新規サブネットを追加します。

      サブネットは、ルーティング対応のスパイン/リーフ内の L2 セグメントを表します。

      以下の例では、新しいリーフ (leaf3) に新規サブネット (leaf3) が追加されます。

      subnets = leaf0,leaf1,leaf2,leaf3
    2. 追加したサブネットのセクションを作成します。

      以下の例では、新しいサブネット (leaf3[leaf3] セクションが追加されます。

      [leaf0]
      cidr = 192.168.10.0/24
      dhcp_start = 192.168.10.10
      dhcp_end = 192.168.10.90
      inspection_iprange = 192.168.10.100,192.168.10.190
      gateway = 192.168.10.1
      masquerade = False
      
      [leaf1]
      cidr = 192.168.11.0/24
      dhcp_start = 192.168.11.10
      dhcp_end = 192.168.11.90
      inspection_iprange = 192.168.11.100,192.168.11.190
      gateway = 192.168.11.1
      masquerade = False
      
      [leaf2]
      cidr = 192.168.12.0/24
      dhcp_start = 192.168.12.10
      dhcp_end = 192.168.12.90
      inspection_iprange = 192.168.12.100,192.168.12.190
      gateway = 192.168.12.1
      masquerade = False
      
      [leaf3]
      cidr = 192.168.13.0/24
      dhcp_start = 192.168.13.10
      dhcp_end = 192.168.13.90
      inspection_iprange = 192.168.13.100,192.168.13.190
      gateway = 192.168.13.1
      masquerade = False
  4. undercloud.conf ファイルを保存します。
  5. アンダークラウドを再インストールします。

    $ openstack undercloud install
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.