検索

4.2. ロールデータファイルの作成

download PDF

各リーフ用のそれぞれのコンポーザブルロールを定義して、コンポーザブルネットワークをそれぞれのロールに接続するには、以下の手順を実施します。

手順

  1. stack ユーザーのホームディレクトリーに、カスタム roles ディレクトリーを作成します。

    $ mkdir ~/roles
  2. デフォルトの Controller、Compute、Ceph Storage ロールを、director のコアテンプレートコレクションから roles ディレクトリーにコピーします。Leaf 0 に合わせて、Compute および Ceph Storage 用ファイルの名前を変更します。

    $ cp /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/roles/Controller.yaml ~/roles/Controller.yaml
    $ cp /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/roles/Compute.yaml ~/roles/Compute0.yaml
    $ cp /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/roles/CephStorage.yaml ~/roles/CephStorage0.yaml
  3. Leaf 0 の Compute および Ceph Storage ファイルをベースとして、Leaf 1 および Leaf 2 ファイル用にコピーを作成します。

    $ cp ~/roles/Compute0.yaml ~/roles/Compute1.yaml
    $ cp ~/roles/Compute0.yaml ~/roles/Compute2.yaml
    $ cp ~/roles/CephStorage0.yaml ~/roles/CephStorage1.yaml
    $ cp ~/roles/CephStorage0.yaml ~/roles/CephStorage2.yaml
  4. それぞれのリーフパラメーターと整合するように、Leaf 0、Leaf 1、および Leaf 2 ファイルの nameHostnameFormatDefault、および deprecated_nic_config_name パラメーターを編集します。たとえば、Leaf 0 Compute ファイルのパラメーター値は、以下のように設定します。

    - name: ComputeLeaf0
      HostnameFormatDefault: '%stackname%-compute-leaf0-%index%'
      deprecated_nic_config_name: 'computeleaf0.yaml'

    Leaf 0 Ceph Storage ファイルのパラメーター値は、以下のように設定します。

    - name: CephStorageLeaf0
      HostnameFormatDefault: '%stackname%-cephstorage-leaf0-%index%'
      deprecated_nic_config_name: 'ceph-strorageleaf0.yaml'
  5. それぞれのリーフネットワークのパラメーターと整合するように、Leaf 1 および Leaf 2 ファイルの networks パラメーターを編集します。たとえば、Leaf 1 Compute ファイルのパラメーター値は、以下のように設定します。

    - name: ComputeLeaf1
      networks:
        InternalApi:
          subnet: internal_api_leaf1
        Tenant:
          subnet: tenant_leaf1
        Storage:
          subnet: storage_leaf1

    Leaf 1 Ceph Storage ファイルのパラメーター値は、以下のように設定します。

    - name: CephStorageLeaf1
      networks:
        Storage:
          subnet: storage_leaf1
        StorageMgmt:
          subnet: storage_mgmt_leaf1
    注記

    この設定を行うのは、Leaf 1 および Leaf 2 だけです。Leaf 0 の networks パラメーターは、ベースサブネットの値のままにします (各サブネットの小文字を使用した名前に接尾辞 _subnet を追加したもの)。たとえば、Leaf 0 の内部 API は internal_api_subnet となります。

  6. ロールの設定が完了したら、以下のコマンドを実行して完全なロールデータファイルを生成します。

    $ openstack overcloud roles generate --roles-path ~/roles -o roles_data_spine_leaf.yaml Controller Compute Compute1 Compute2 CephStorage CephStorage1 CephStorage2

    これにより、各リーフネットワーク用の全カスタムロールが含まれた完全な roles_data_spine_leaf.yaml ファイルが作成されます。

ロールごとに独自の NIC 設定があります。スパイン/リーフ設定を設定する前に、現在の NIC 設定に適した NIC テンプレートの基本セットを作成する必要があります。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.