検索

2.4. ベアメタルノードのポートからコントロールプレーンのネットワークセグメントへのマッピング

download PDF

L3 ルーティング対応のネットワーク上でのデプロイメントを有効にするには、ベアメタルポートの physical_network フィールドを設定する必要があります。各ベアメタルポートは、OpenStack Bare Metal (ironic) サービス内のベアメタルノードに関連付けられます。物理ネットワーク名は、アンダークラウドの設定の subnets オプションで指定する名前です。

注記

undercloud.conf ファイルの local_subnet で指定されるサブネットの物理ネットワーク名には、必ず ctlplane という名前が付けられます。

手順

  1. stackrc ファイルを取得します。

    $ source ~/stackrc
  2. ベアメタルノードをチェックします。

    $ openstack baremetal node list
  3. ベアメタルノードは enroll または manageable の状態であることを確認してください。ベアメタルノードがこれらのいずれかの状態にない場合、ベアメタルポートで physical_network プロパティーを設定するコマンドは失敗します。全ノードを manageable の状態に設定するには、以下のコマンドを実行します。

    $ for node in $(openstack baremetal node list -f value -c Name); do openstack baremetal node manage $node --wait; done
  4. ベアメタルポートとベアメタルノードの関連付けを確認します。

    $ openstack baremetal port list --node <node-uuid>
  5. ポートの physical-network パラメーターを設定します。以下の例では、leaf0leaf1、および leaf2 の 3 つのサブネットが設定で定義されています。local_subnet は leaf0 です。local_subnet の物理ネットワークは常に ctlplane であるため、leaf0 に接続されたベアメタルポートは必ず ctlplane を使用します。残りのポートは他のリーフ名を使用します。

    $ openstack baremetal port set --physical-network ctlplane <port-uuid>
    $ openstack baremetal port set --physical-network leaf1 <port-uuid>
    $ openstack baremetal port set --physical-network leaf2 <port-uuid>
  6. オーバークラウドをデプロイする前に、ノードをイントロスペクションします。--all-manageable オプションと -provide オプションを付けて、デプロイ可能なノードとして設定します。

    $ openstack overcloud node introspect --all-manageable --provide
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.