検索

4.6. 異なるネットワークのマッピング

download PDF

デフォルトでは、OpenStack Platform は Open Virtual Network (OVN) を使用します。この場合、外部ネットワークへのアクセス用に、すべてのコントローラーおよびコンピュートノードを 1 つの L2 ネットワークに接続する必要があります。つまり、コントローラーおよびコンピュートネットワークの設定は、共に br-ex ブリッジを使用し、director はデフォルトではこのブリッジをオーバークラウド内の datacentre ネットワークにマッピングします。このマッピングは、通常フラットネットワークマッピングまたは VLAN ネットワークマッピングのいずれかに使用されます。スパイン/リーフのアーキテクチャーでは、各リーフがそのリーフ上の特定のブリッジまたは VLAN 経由でトラフィックをルーティングするように、これらのマッピングを変更することができます。この設定は、エッジコンピューティングのシナリオで頻繁に使用されます。

手順

  1. spine-leaf-separate.yaml という名前のファイルを作成し、そのファイルを編集します。
  2. spine-leaf-separate.yaml ファイルに parameter_defaults セクションを作成し、それぞれのスパイン/リーフネットワークについて外部ネットワークのマッピングを追加します。

    • フラットネットワークのマッピングの場合には、NeutronFlatNetworks パラメーターに各リーフのリストを定義し、各リーフの NeutronBridgeMappings パラメーターを設定します。

      parameter_defaults:
        NeutronFlatNetworks: leaf0,leaf1,leaf2
        Controller0Parameters:
          NeutronBridgeMappings: "leaf0:br-ex"
        Compute0Parameters:
          NeutronBridgeMappings: "leaf0:br-ex"
        Compute1Parameters:
          NeutronBridgeMappings: "leaf1:br-ex"
        Compute2Parameters:
          NeutronBridgeMappings: "leaf2:br-ex"
    • VLAN ネットワークのマッピングの場合には、さらに NeutronNetworkVLANRanges を設定して、3 つすべてのリーフネットワーク用に VLAN をマッピングします。

        NeutronNetworkType: 'geneve,vlan'
        NeutronNetworkVLANRanges: 'leaf0:1:1000,leaf1:1:1000,leaf2:1:1000'
  3. spine-leaf-separate.yaml ファイルを保存します。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.