検索

1.4. スパイン/リーフ型ネットワークの制限事項

download PDF
  • Controller ロールなどの一部のロールは、仮想 IP アドレスとクラスタリングを使用します。この機能の背後にあるメカニズムには、ノード間の L2 ネットワーク接続が必要です。これらのノードを同じリーフ内に配置する必要があります。
  • Networker ノードにも同様の制限が適用されます。Virtual Router Redundancy Protocol (VRRP) により、ネットワークサービスはネットワーク内に高可用性のデフォルトパスを実装します。VRRP は仮想ルーターの IP アドレスを使用するので、マスターとバックアップノードを同じ L2 ネットワークセグメントに接続する必要があります。
  • テナントまたはプロバイダーネットワークを VLAN セグメンテーションと共に使用する場合には、すべての Networker ノードおよびコンピュートノード間で特定の VLAN を共有する必要があります。
注記

ネットワークサービスは、複数の Networker ノードセットで設定することが可能です。各 Networker ノードセットはそれらのネットワークのルートを共有し、VRRP が各 Networker ノードセット内の高可用性のデフォルトパスを提供します。この種別の設定では、ネットワークを共有する全 Networker ノードが同じ L2 ネットワークセグメント上になければなりません。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.